受け入れるは悩み相談でもよく使われますが、具体的にどうしたらいいの? | スピリチュアル専門サイト

受け入れるは悩み相談でもよく使われますが、具体的にどうしたらいいの?

【門次郎のスピリチュアルブログ】

受け入れるとはどうしたらいい?

よく、人生相談などでも使われる言葉ですが「自分を受け入れてください」などと言いますよね。

自分を受け入れて、自分の人生を構築していくのはとても重要なことです。また、自分を受け入れることができなければ、人生の歯車が狂います。

そのため、現状を受け入れて生きていくことは、とても大切なことなのです。

しかし、この「受け入れる」という言葉ですが、具体的にどういうことを言うのか考えたことはありますでしょうか。

もしも「受け入れる」を嫌なことでも受け入らなければならない、忍耐力のことを言っていると思っている方がおられたら、この記事を読んで頂きたいのです。

私も以前は、我慢や忍耐のことだと思っていましたが、受け入れるは、我慢や忍耐のことを言っているのではありません。

我慢や忍耐も必要ですが、それだけでは人生を好転させられません。

我慢や忍耐を「受け入れる」とするなら、それは間違いです。

本当の意味での「受け入れる」とは、どういうことなのかを説明させて頂きたいと思います。

「受け入れる」と「我慢や忍耐は違う?」

それでは「受け入れる」は、我慢や忍耐ではないということを例をあげてご説明させて頂きます。

人は、それぞれ生まれた環境も持っている物も、自分を取り囲む人も、すべて人それぞれ違います。

あの人が持っているのにあなたは持っていないもの、あなたが持っているのにあの人は持っていないもの。

良いものも、悪いものも、人はすべてを手にすることはできません。

人それぞれ持っているものが違います。

それを認めて、苦しい現状も受け入れることが大事なのです。

受け入れるとは、何を手にして、何を失うのか、どちからかを自らの意思で選ぶということなのです。ケジメをつけることです。

何のことを言っているのかわかりにくいと思いますので、例をあげさせて頂きます。

わかりやすく嫁姑問題を例にさせて頂きます。

例えば、夫、姑、あなたの3人家族だったとします。結婚の条件は、姑との同居が条件で結婚しました。

同居を始めると、あなたは姑から嫌がらせのようにキツく当たられます。夫は、姑に弱く頼りになりません。

こんな嫌な環境も、まずは受け入れることが大切です。しかし、ここで言う受け入れるは、ただ我慢をすることではありません。

選択をして、自分の中でケジメをつけることを言います。

1.夫のことを愛しているから姑の嫌がらせは我慢する

2.夫のことを愛していても我慢ができないから離婚をする

1を選んだ場合、夫を愛しているから別れない、夫を得る代わりに姑の嫌がらせを受けいれようと、ケジメをつけることができます。

2を選んだ場合、姑の嫌がらせに我慢ができなかったから別れたと、仕方なかったとケジメをつけることができます。

本当に辛いのは、1も2も決めることができずに、嫌がらせをされてまで何のための一緒に暮らしているのか…と落ち込んだり、夫のことが好きだったのに別れたと後悔してしまうことです。

人は何かを得るためには、何かを失わなければなりません。その真理がわかっているだけで、受け入れられる問題はたくさんあるのです。

「受け入れる」とは、ただただ我慢をして耐えるのではなく、決断決意をして自分の意思で「得て失うこと」なのです。

曖昧で覚悟のない中途半端な気持ちが、人の心を苦しめます。現状を受け入れて、自分に何が必要で、何を捨てるのかを選択することが本当の「受け入れる」になります。

受けれたらポジティブに捉える

どちからを選び、受け入れたらポジティブに捉えましょう。

よく、ピンチはチャンスと言いますが、それは受け入れた先にあるチャンスを得たからです。

仕事でも言えることですが、とんでもないミスをしてしまい大きな損害を与えてしまった…

とんでもないミスをした自分を受け入れるか、それを人のせいにして無かったことのように忘れるかで、その後の人生は変わります。

人のせいにして、自分のミスだと受け入れることができなければ、その人に成長はありません。

しかし、自分のミスのせいだと受け入れることができれば、そのミスが何かのヒントとなり、工夫され、今後の業績を大きくあげることもあります。

すると、あの時のミスのおかげで今があると言える日がきます。

ピンチはチャンスと言いますが、どんなことも受け入れて考えることで知恵が湧き、良い結果をもたらします。

人生には、嫌なことがたくさん起こりますが、その度にピンチはチャンスと捉えていれば、必ず成長していきます。

ネガティヴには、捉える人とポジティブに捉える人とでは人生も変わってきますので、嫌なことでも受け入れて考える癖をつけると良いと思います。

受け入れて、選択をして、考える。
これだけしていれば、必ず前に進めます。