物件ロンダリング・事故物件 | スピリチュアル専門サイト

物件ロンダリング・事故物件

【門次郎のスピリチュアルブログ】

物件ロンダリング・事故物件

事故物件という言葉を聞いたことがありますか?

事故物件について、春の引越しシーズンに向け引越し先を探しておられる方もいるかもしれないと思い書かせて頂きます。

事故物件が安いからと好んで入る方もおりますが、霊を信じる方であれば事故物件は入りたくないものですよね。

その前に事故物件とは何かWikipediaから引用させて頂きました。

事故物件(じこぶっけん)とは、広義には不動産取引や賃貸借契約の対象となる土地・建物や、アパート・マンションなどのうち、その物件の本体部分もしくは共用部分のいずれかにおいて、何らかの原因で前居住者が死亡した経歴のあるものをいう。ただし、死亡原因によって事故物件と呼ばないものもあるなど、判断基準は明確に定まってはいない。

事故物件として扱われる物件としては、以下のようなケースが挙げられる。

殺人、自殺、火災(放火ないし失火)などの刑事事件に該当しうる事柄で死者の出た物件
事件性のない事故、災害(地震による崩壊など)や孤独死などで居住者が死亡した物件

事故物件は借り主に知らせる義務がある

事故物件は借主に知らせる義務があるという話は有名な話なので知っている方も多いと思います。

私もそのような話を聞いたことがあるので、知らずに入居することはないだろうと思っていました。

しかしそれにはカラクリがあり、事故物件であっても知らせなくて良い状態をつくる事ができるそうです。

それはどういう事なのか調べてみると

「事故物件の告知義務は次に入居する1人目のみ」
という業界ルールが存在しているそうです。

ということから残念な事に…

事故後2人目の入居者には事故物件であったことを知らせる義務はないのです。だから知らせない業者も多いそうです。知らせる事で家賃を下げなければならないのですから、言わなくて良いなら言わないですよね。

事故物件を告知する義務から逃れるための物件ロンダリング

業界で横行しているのが「物件ロンダリング」と呼ばれる行為。

物件ロンダリングを行なう事で事故物件を告知する義務から逃れる事ができるのです。

その方法とは

事件が起きた後、管理会社の社員がその家を短期間契約する。契約するだけで住む必要はない。そうすれば次の住人には告知義務が発生しないため、通常通りの家賃で貸し出せるという手法があるそうです。

事故物件に住みたくない人にとっては怖い話です…

1年近く前の事ですが、「聞きにくい事を聞く 聞きにくいお金のことを聞きまくりSP」(テレビ朝日系)で、サンドウィッチマンの富澤さんが事故物件の値引き額を調査する番組がありました。

番組の中で、事故物件は家賃が安いので好んで探す方もいるとおっしゃってましたが、皆様は住む派ですか?住まない派ですか?

安いから事故物件でも良いと思って入居される方は、霊など信じない方が多いと思いますが、そんな方達でもおっしゃることがあるそうです。

不動産屋さんが事故物件に入居された方に後日連絡をして、それとなく聞いてみると、だいたい皆様がおっしゃる事があるそうです。

それは…

運気が下がったとおっしゃいます。との事…。

スピリチュアル的に念の影響がある

自殺や殺人などが起きますとそこには強い念が残るので、霊感云々に関係なく運気が下がるのは自然なことだと思います。

事故物件を隠す手法があるのだから、私達が見分けるには部屋に入ってみた時の感覚で見分けるしかございません。

居心地が悪い、嫌な感じがする、空気が重いなど、何かしら気持ち悪さを感じるならやめておいたほうが良いと思います。

住んでから後悔しても遅いこともありますので、住む前の自分の直感を信じることが大事だと思います。

事故物件をリフォームした時の話

話は変わりますが、私は以前に工務店に勤めておりました。

その時に、分譲マンションの事故物件をリフォームした事があります。

事故物件と言っても、殺人や自殺ではなく、独り暮らしをしていたお婆様が孤独死して腐乱してしまったという現場でした。

腐乱とは腐ってしまう事ですが、腐乱死体が発見された床には、真っ黒の人型のシミが残ります。

黒いのは肉体や体液などが腐って床にこびりついたものだと思うのですが、それだけではなく強い獣臭のような臭いがします。

現場で皆、口を揃えて「臭い臭い」と言いながら仕事をするのですが、亡くなったお婆様はこの状況をどう思っているのだろか?と思い交信した事がありました。

もともとひょうきんなお婆様だったようで、「いや〜ごめんね〜」みたいな感じで姿を見せてくれましたので、ここは事故物件でもまったく問題ないと思いました。

殺人や自殺とは違うのでそれが当たり前かもしれません。お婆様は放っておいても成仏される方でした。

その物件はリフォーム後売りに出されておりました。割と高値で売りに出していたので、物件ロンダリングをして事故物件扱いにしていないと思います。

売りに出してから1ヶ月ほどで売れてしまい正直驚きました。買った人は事故物件である事を知らないと思います。

知らぬが仏ですが、法的には問題ないとしても同じ階のご近所さんが喋ったら大問題ですよね…

リフォームしていると何人か話しかけてこられました。

「この部屋あれだろ?」って…

皆さんご存知なんですよね。
法に触れないとは言え、それを高値で売るのはいかがなものかと…

話がだいぶ逸れましたが、事故物件かどうかを判断する時は、『ここは事故物件ではないか?』という意識を持ってしっかりと直感力で感じてください。

事故物件を見抜こうと思い物件を見れば、見抜く事ができると思います。少しでも嫌な空気を感じるのであれば他を探した方が無難かもしれません。

とは言え、悪想念の溜まっている事故物件に引き寄せられるのも波長ですので、波長を日頃から高くしておけば、防げる話だと思います。

以上事故物件・物件ロンダリングでした。