お守りを複数持つと神様がケンカをする?たくさん持つとダメな理由

2017/06/16迷信or本当

「お守りを複数持つと神様がケンカをする」ということは昔から言われているのか、私も聞いたことがある話で、皆様も一度は聞いた方が多いのではないないでしょうか。

 
 
 

お守りを複数持つと神様同士がケンカをする?

神様同士がケンカをするとはどういうことなのかイメージしてみますと…

縁結びのお守りを別々の神社で二つ購入したとしましょう。

すると、最初に持っていたお守りの神様が、後から購入されたお守りの神様に「新参者は引っ込んでろ!」と言いました。

後から購入されたお守りの神様は「お前が良縁を結んでやらないから私が来たのだ。この役立たずが!」と言いました。

「じゃあ、どっちが先に縁をつけられるか勝負だ!」

なんてことが、神様の世界で行なわれていたら滑稽です。

人間は低俗ですから、こうした争いごとをしてしまいますが、神様と人間とではまったく次元が違います。

神様は崇高ですから、このような争いごとをするはずもありまけん。

神様同士がケンカをするという発想は、人間レベルでの発想になります。

よってお守りを複数持ったからと言って、神様同士がケンカをすることはありません。

だからと言って、むやみやたらにお守りを集めればお守りのパワーか強くなるわけではありません。むしろ、それは逆効果になりますを

神様同士がケンカをすることはありませんが、お守りをたくさん持ちすぎてはいけない本当の理由は別のところにあります。

お守りをたくさん持ちすぎてはいけない理由を説明させて頂きます。

お守りをたくさん持ちすぎてはいけない理由

お守りをたくさん持ったからと言って、神様同士がケンカをすることはありませんが、神様のエネルギーを混ぜ合わせることで、本来の力を発揮できなくなる可能性があるのです。

神様のエネルギーの大元はひとつです。しかし、神様も神社ごとに少しずつ違うエネルギーを発しております。

突き詰めた話をすると、人間も元を辿れば神ですが、私達が発しているエネルギー(波長)は人それぞれ違います。性格も顔もみんな違いますよね。それと同じで神様も、神様により発するエネルギー(波長)が違うのです。

複数所持している中のひとつのお守りが、どんなに崇高で素晴らしいエネルギーを発しているお守りであったとしても、そのエネルギーが他のお守りと混ざり合うことで、清らかなエネルギーを発することができなくなってしまいます。

香水などを例にして考えてみて頂ければわかりますが、いい匂いがすると言われている香水を10個集めて、全部を同時に使ったとしましょう。

ひとつひとつは、とてもいい匂いの香水なのに、10個を混ぜ合わせてしまうと、おそらく個々の良さが掻き消され、もしかすると臭いだけの香水になるかもしれません。

それと同じで、どんなに素晴らしいお守りであっても、エネルギーを混ぜ合わせすぎると、本来のお守りの力を発揮できなくなります。

それどころか、異質のエネルギーができあがり、逆効果になることも考えられるのです。

そのため、お守り本来の力を発揮させるためには、たくさん持つことに拘るのではなく、必要最小限にとどめておいたほうがご利益があるかもしれません。

お守りを持つ人の心が大切

なんと言っても一番大切なのは、お守りを持つ人の心です。

お守りがたくさんあればあるほど、たくさんのご利益を頂けるという考えは、浅はかな考えで逆効果になります。

これは、お守りに限らず護符にも言えることです。稀に様々な護符をたくさん貼ってあるお宅もありますが、それではエネルギーが混同しすぎて逆効果です。異様な空気が流れておりました。

ご利益にあやかる前に、自身の努力はできているでしょうか?努力なしにはいくら素晴らしいお守りを身につけたところでご利益はありません。

ご利益を頂きたい一心で、たくさんお守りを持とうとする気持ちはわかりますが、しかしその想いは少々強欲かもしれません。

人間とは「欲の塊」ですが、その欲も行き過ぎると神様から「欲張りすぎの頼りすぎだ!」という気づきを与えられてしまいます。そうすると、叶うものも叶わなくなり、逆効果になってしまいます。

また、たくさんのお守りの力にあやかろうとする心は、人間社会に例えてみてもあまり良いものではありません。

10人の人それぞれに「あなたしか頼る人いないんですよ…」と泣きついたとして考えてみてください。そのことが明るみになったら、「誰にでも同じことを言っているんだね、君は…」となってしまい、誰も助けてくれないかもしれません。

たくさんお守りを持つことでその力にあやかろうとする心は、頼りすぎる他力本願な低い波長をつくり、結果良くないほうへ進むことになります。

そうならないためにも、お守りはほどほどに…が一番ではないでしょうか。

お守りを複数持つと神様がケンカをすることはありませんが、たくさん持つことはあまりオススメできません…という話でした。

【外部サイト関連記事】