オーラマーキングをして自分色に染めるスピリチュアルの見解 | スピリチュアル専門サイト

オーラマーキングをして自分色に染めるスピリチュアルの見解

【門次郎のスピリチュアルブログ】

オーラマーキング

オーラマーキングを意識していますか?

皆様は映画館や劇場、どこかの座席に座った時「あれ、なせが心境の変化が…」と気持ちに変化が現れることがありませんか?

例えば、楽しみにしていた映画鑑賞の時、映画館で席に座るまでは気分が高まっていたのに、席についたら急に冷めてしまった…とか、新幹線の席に座ると何故だか無性に落ち着かない…とか、理由はないのだけれど席に着くと心の変化が起きてしまった経験はありませんでしょうか?

こうしたケースの場合、もしかしたら前に座っていた人のオーラ残っている影響かもしれません。

映画館で座った途端に冷めてしまったのは、あなたの前に座っていた人が「つまならない映画だなぁ…」と思いながら観ていたせいかもしれません。

新幹線の席につくて無性に落ち着かないのは、前に座っていた人が考え事をしてそわそわしていたのかもしれません。

このように、誰かのオーラが残っていることを「オーラマーキング」と言います。

もしも、引っ越しなどの大きな決断をしなければならない時には、こうしたオーラマーキングの影響がないかも調べたいところです。

以前に住んでいたご夫婦も、その前に住んでいたご夫婦も、この家に越してくるご夫婦は数年して離婚をして出ていってしまう。といった曰く付き物件のような、目に見えない力が働いているという物件もあります。

これは前住人の負のオーラが染み付いていることで、知らず知らずに影響を受けてしまい、前住人と同じように離婚の道を辿ってしまうというもの。

離婚に至らなくても、そこには前住人が残していった怒りのオーラが残っていて、その影響を受けて「引っ越ししてからケンカが増えたよね…」という事にもなりかねません。

ですので、できることなら前住人がどうして退去したのか業者さんに尋ねるなどしたほうがよいかもしれません。

もしも、いい理由で退去されたなら、そこにはいい念が残っているかもしれません。

前住人のご主人が出世されて大きな家に引っ越しされたとか、結婚すると言って出ていかれたとか、マイナスな理由ではなくステップアップのために出ていかれたのなら、あなたもいいオーラの恩恵を受けられるかもしれません。

何故かこの物件に住む夫婦は、離婚率が高いというマイナスな物件もあれば、何故かこの物件に住む人は栄転になったり、出世するといったプラスの物件もあります。

私も近々賃貸物件に引っ越しをするのですが、その物件は前住人の方が会社の事務所として使っていた物件で、会社が大きくなったからもっと広い事務所が必要になったという理由で出ていかれた物件です。

それを聞いて私も安心しましたし、初めて見た時からピンときましたが、やはり良い物件だと確信しました。前住人の方が成功して出ていかれた物件ですから、個人事業主の私にとっては、仕事が安泰する力の働く良い物件になるでしょう。

オーラマーキングをする

その点、良くも悪くもなんの影響も受けずに余計な心配をしなくて済むのが、新築物件や大きな改修工事をしたリフォーム物件です。

新しい建物は、なんの影響もなくクリーンな状態から自分でオーラマーキングをすることになります。しかし、そんな新築物件に引っ越せない人も大勢おられます。

前住人の影響を受けたくないと思うのでしたら、引っ越して来た最初にオーラマーキングをすることです。

マーキングといえば犬が、電柱などにオシッコをして匂いをつけることを言います。犬の散歩をするとわかるのですが、いつも決まった場所でオシッコをして自分の匂いをつけているのがわかります。

それと同じで「オーラマーキングは家中にオシッコをすること」……ではないですよ。

前住人のオーラを払拭して自分のオーラに染めるには、「掃除」です。掃除機をかけ床を拭き窓を拭き、自分の手で大掃除をすることで前住人のオーラを払拭します。

その時に「この家で幸せになれますように」と願掛けをしながら行うと尚良しです。

引っ越する物件は、既に掃除業者の方が掃除をしたあとですが、掃除が目的というよりは、家を自分色に染めるためにオーラマーキングをするという意味での掃除です。

これは家に限らず中古車でも感じて頂けることで、中古車を買ったばかりの頃は違和感がありますが、使用しているうちに自分に馴染んできます。それはオーラマーキングができて自分色に染まった証拠です。

家も、中古物件であれ住んでいるうちに自分色に染まりますが、いい色に染めるか悪い色に染めるかは住人次第ですので、ドロドロした低いエネルギーを溜めないように気をつけましょう。

また、低いエネルギーを払拭するために掃除をして綺麗にすることは有効手段です。掃除はマメにして損はありません。