「生まれてきた意味がわからない…」は、あの世を知ることで解消される | スピリチュアル専門サイト

「生まれてきた意味がわからない…」は、あの世を知ることで解消される

【門次郎のスピリチュアルブログ】

生まれてきた意味について

生まれてきた意味がわからない…

自分はなぜ生まれてきたのだろうか…

一度は、疑問に思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

特に辛いことなどがあると「なんで生まれてきたのだろう…早く死にたい…」と思うこともあると思います。

しかし、生まれてきた意味も、未熟な自分や弱い自分を痛感することも、意味のあることです。

生まれてきた意味や、未熟な自分に気づかされる意味を理解するためには、私達は人間である前に魂であることを理解しなければなりません。

生まれてきた意味も、未熟な自分を痛感することも、その答えはあの世に隠されています。

あの世のことを説明しつつ、生まれてきた意味についてお話しさせて頂きたいと思います。

死後の世界の魂の行方

死後の魂は→「幽現界」→「幽界」→「霊界」と移行していきます。

移行過程について細かい話はここでは抜きにして、「幽界」→「霊界」へ移行する時の話をさせて頂きます。

幽界から霊界へ移行する頃には、魂は第二の死を遂げると言われています。

第二の死とは、まとっていた人の形を捨てて一切の執着を無くすことです。

人の形を捨て、霊界へと移行していくようです。

その霊界こそが、私達魂の故郷だと言われています。

霊界には、グループソウルや類魂とも呼ばれる魂の故郷があります。私達の守護霊様もグループソウルに含まれます。

私達の魂は、霊界で各々のグループソウルに一体化していきます。

一体化するとは意味がわからないと思いますので、以下で説明させて頂きます。

グループソウルとは

グループソウルをわかりやすく説明するために、スピリチュアルではコップの水に例えられます。

コップに入った水をイメージしてください。コップの中の水がグループソウルです。

私達は霊界にたどりついたら、このコップの中の水にとけ込みます。

グループソウルは、これまで魂が輪廻転生を繰り返してきた記憶が残る叡智の宝庫です。

私達が現世で経験した記憶も喜怒哀楽も、このコップの中の水にとけ込み、それが叡智(えいち)となります。

現世で経験した喜怒哀楽は、コップの中の水を綺麗にします。コップの中の濁りを無くすために、私達は生まれてきたのです。

コップの水を透明にして「霊界」→「神界」へと移行するのがグループソウルの望みですが、水に濁りがあると神界へは行けません。

私達が現世で経験する喜怒哀楽は、水を少しずつ透明にする力があります。

グループソウルは神界を目指し、何度も何度も輪廻転生を繰り返し水を透明にしているのです。

なぜ水が濁るのか?水を濁す原因となるのが、グループソウルの未熟な部分です。

その未熟な部分を無くすために、私達は現世で大我(真の愛)を学んでいます。

私達は、グループソウルから飛び出した濁りのある水滴です。

と言うことは、誰もがグループソウルの未熟な部分を背負って生まれてきているため、未熟ではない人はこの世に存在しないのです。

私達は、未熟者であって当然なのです。

私達が生まれてきた意味

私達が生まれてきた意味は、グループソウルの濁りを無くすためです。

未熟な部分を背負って生まれ、未熟な部分を無くしていくために生まれてきたのです。

霊界は天国、霊界の記憶があると霊界に戻りたくなります。そのため私達は、霊界の記憶を消されてこの世に生まれています。

未熟な自分を向上させるためには、未熟者であることに気づくことが必須となります。

そのため、私達は生きていく過程で自分の未熟さを痛感させられる経験をしていくことになるのです。

グループソウルでは、どの魂も自分だと認識していますが、現世は肉体をまとい、自分と他人を別の存在と区別します。

そのため自分という個にとらわれることになります。自分の欲望、快楽を満たすために愛を見失います。

恋愛、結婚、人間関係、仕事、家族、お金、肉体、精神などを通じて、様々な角度から自分の未熟さを痛感させれるのです。

もしも、自分の未熟さや愚かさを感じたことがない人がいるとすれば、それはまだ、未熟さに気づくための経験をしている途中だからです。

この世は、自分の弱さを炙り出す材料が揃っています。だから未熟さに気づき、正すことができるのです。

気づきの早さは人それぞれですが、自分の未熟さや愚かさを受け入れ正す道を選ぶことで、人生が好転していきます。

自分の未熟さに気づき、受け入れ、健全な心を手に入れることを目指していれば間違いありません。

私が生まれてきたのは、未熟さを痛感し、それを正し、その叡智をグループソウルに持ち帰り、コップの中の水を透明にするためです。

未熟さを痛感するためには、辛いことや苦しいことや不測の事態を経験させられます。

しかし、この世はそういうところだと知っていれば、様々な出来事も受け入れられるようになります。

私達は、グループソウルにたくさんの喜怒哀楽を持ち帰れればそれで良い。どんな経験も叡智となります。良くも悪くもたくさんの経験をしましょう。