仏壇の設置場所や取り扱いについての注意事項など | スピリチュアル専門サイト

仏壇の設置場所や取り扱いについての注意事項など

【門次郎のスピリチュアルブログ】

仏壇の設置場所や取り扱いについて

皆様のご自宅には、仏壇がございますでしょうか?

私の自宅に仏壇はありませんが、仏壇を拝む習慣のある家庭は、子供が物心つく前から自然と親の拝む姿を見ているため、ご先祖様を敬う気持ちが芽生えるので素晴らしいことだと思います。

ご先祖様を敬う気持ちがあれば、ご先祖様も家族を見守ってくれることでしょうし、ご先祖様を大切に想う気持ちはとても良いことだと思います。

ここでは、引っ越しや部屋の模様替えの時に、気をつけなければならない仏壇の取り扱いについてご説明させていただきます。

引っ越しの時の仏壇の取り扱い

引っ越しの時、仏壇の取り扱いに注意しなければならないのは「位牌(いはい)」だと言われております。

仏壇や仏具を粗末に扱うのはよくありませんが、仏壇仏具を自分で運ぶのは大変ですし、これについては引っ越し業者さんに任せても良いです。

しかし、位牌は故人そのものと言われていたり、故人と繋がるためのに必要なものだと言われています。その大切な位牌は、特に丁重に扱う必要があります。

位牌は引っ越し業者さんに任せずに、心を込めて自分で持ち運び、自分の手で仏壇に設置するようにしましょう。

位牌さえきちんとしていれば、ご先祖様を大切にしていることが伝わると思います。

仏壇の設置について

設置場所は仏間かリビング

仏壇は、仏間があれば仏間に設置することが望ましいですが、仏間でなければならないといった考え方は、今では古いかもしれません。

昔ながらの広い家なら仏間が用意されているかもしれませんが、今では洋室に合う仏壇がある時代ですし、仏間となる和室のない家も多いのではないでしょうか。

私はこれまでに、たくさんのお宅にお邪魔しましたが、フローリングの部屋に仏壇を設置されていることもありました。それでも特に問題を感じることはありませんでした。

仏間がないからと言って仏壇を置けないわけでもありませんが、できれば家族が集まるリビングが望ましいとされています。

問題なのはそれよりも、物が溢れかえった倉庫のような部屋に置かれた仏壇、仏壇の上に物が置いてある、掃除のされていない仏壇、呪符が貼られた仏壇などを見た時のほうが問題を感じました。

ご先祖様を敬う気持ちがあれば自然と大切にするものですが、こうした場合はその気持ちを持たれていないように感じます。

仏壇の向き

仏壇の向きについてですが、仏壇のエネルギーの関係上、一番望ましいとされているのが、北を背にして南向きに設置するのが一番良いとされています。

それが無理であれば、西を背にして東向きに設置するのが良いとされています。

向きに関しては以上なのですが、仏壇と神棚を同じ部屋に設置しても良いのだろうか?と疑問を抱いていらっしゃる方もおられるのではないでしょうか。

仏壇と神棚を同じ部屋に設置する場合の注意事項

仏壇と神棚を同じ部屋に設置してはいけないとお考えの方もおられると思いますが、同じ部屋に設置すること自体に問題はありません。

しかし、同じ部屋に設置する場合には注意事項があります。その注意事項さえ気をつけておけば、なんら問題ないと思います。

注意しなければならないのは、仏壇と神棚を上下に設置してはならないことです。

よくあるのは、仏壇の上に神棚を設置するというパターンです。これはよくありません。

仏壇と神棚を上下に設置することで、どちらを拝んでいるのかわからなくなるため、上下に設置することは避けなければなりません。

仏壇と神棚を区別して拝むには、少し間隔を開けて横に並べると良いとされています。

しかし横に並べるスペースがなく、どうしても上下になるという場合は、上下にしても縦一列にならないように横になってズラすと良いとされています。

もしも、上下一列にされている場合は、少し配置替えを考えられると良いかもしれません。

仏壇は立派なほうが良い?

仏壇に限らず神棚もそうですが、大きくて立派だから良いというわけではありません。

極端な話、仏壇であれば遺影と位牌だけ、神棚であればお札だけでもお祀りすることができます。

大切なのは感謝の心があるかどうかです。手を合わせちゃんと気持ちを向ければ、仏壇の大きさに関わらず気持ちを届けることができます。

どんなに立派な仏壇であれ、埃まみれにしたり、物で埋もれてしまっては意味がありません。

常に綺麗にして、感謝の気持ちを伝えていれば、しっかり見守って頂くことができると思います。ご先祖様を粗末にせず、大切に想いましょう。