恋愛や結婚に幻滅する子供達、自立できない子供にしないために | スピリチュアル専門サイト

恋愛や結婚に幻滅する子供達、自立できない子供にしないために

【門次郎のスピリチュアルブログ】

恋愛や結婚に幻滅する子供と自立できない子供達

子供に示す親の背中

お子様の恋愛や結婚について悩んでいる親御様もおられるのではないでしょか。

と言うのは例えば

「子供が異性に興味を持たない」
「子供に結婚する気配を感じない」

このように、いつまで経っても親元から離れないといった事で頭を抱えている親御様もおられると思います。

そういったお悩みを持たれている場合に、原因として考えれることを述べたいと思います。

皆がこれに該当するわけではありませんが、子育て中の方の今後の参考になればと思います。

子供がいつまで経っても恋愛しない、結婚せずにフラフラしている、または家にこもっている。こうした場合に考えられること。

子供は親の背中を見て育ちますが、このようなお子様を持つ親御様に問いたいのは「あなた方の夫婦仲はうまく行っていますか?」ということです。

子供が親の背中を見て育っていますので、夫婦仲の悪い環境で育つと恋愛や結婚に幻滅してしまうことがあります。

私は当てはまりませんが良く言われることで、男性はお母さんに似た人と結婚をして、女性はお父さんと似た人と結婚をするなど言いいます。それほど、親の影響というのを無意識のうちに感じているということです。

その影響が良いように出れば良いのですが、悪いほうに出ることもあります。

父親が母親に暴力を振るっている姿を見て育った女の子は、男性に対して強い恐怖心を抱きます。男性は皆暴力的でケダモノのように見えてもおかしくはありません。

男性に対し強い恐怖心を抱いているのに、男性を好きになりなさいと言うほうが無理があります。そんな男性像を抱かせてしまっては、恋愛や結婚を遠ざけてしまうことになります。

また、母親が取っ替え引っ替え、いろいろな男性を連れ込んで遊んでいる。そんな環境で育った男の子は、女性に幻滅をしてしまうのも無理はないでしょう。

今あげたのは極端な例ですが、もっと身近にありそうな話ですと…

母親が父親のことをバカにして「あなたはお父さんみたいになっちゃだめよ」と育てるということは良くある話です。しかし、このような夫婦仲の悪さを子供に示すと、恋愛や結婚に幻滅してしまいます。

子供が恋愛や結婚に興味を示さない背景には、育ってきた環境が影響している可能性があります。そのため、子育て中の方はそういった夫婦関係の悪さを子供に見せない配慮をしてあげることが望ましいのです。

どうしてもそれが無理であれば、離婚をしたほうが子供にとっては良い環境の場合もあります。一概には言えませんが、そのほうが皆が幸せになれる場合もあります。

子供が家を出ないのは環境が良いせいかも…

また子供が結婚しない、家を出ない、外に出ないと言った悩みを持つ親御様もおられます。

しかし、子供が家を出ないと言っている家庭に限って良くあることがあります。

それは、子供が家を出ないと嘆いているにも関わらず、家を出ない子供に最適な環境を与えていることがあります。

あれこれなんでも世話をして、子供からしてみれば親元にいることがとても居心地が良く、いつまで経っても甘えてしまうのです。

文句のひとつも言って尻を叩けば良いのですが、子供から生活費ももらわずに、食事の支度をしてあげ、洗濯もしてあげ、身の回りの世話を至れり尽くせりしてあげれば、なおさら子供は自立できません。

社会はそんなに甘くありません。「働かざる者食うべからず」の精神で、社会人になれば自分のことは自分ですることを教えなければなりません。そして、物は必要最低限を与えるまでにしてそれ以上は与えない。と言った厳しさを持たなければ子供は自立できません。

自分の思うように生きたければ「しっかり働くしかない!」と教えるのも、子供のために必要なことです。

子供を甘やかしてばかりいては、いつまで経っても自立できません。それは逆に可哀想なこと。時には厳しさを持つことが大切です。

厳しいことを申し上げていますが、これは生きるために必要なことです。大人になれば当たり前のこととして、心を鬼にしてでも自立を促していかなければならないと思います。

補足

「親元から離れ自立しているのにご縁がない…」という方もおられることでしょう。

しかし、そのご縁がないのは、「一人でいることが好きです」オーラを発しているせいかもしれません。

例えば、休みの日は家でゴロゴロしているのが好きとか、料理をせずにインスタントやお弁当で済ませているなど…

料理は「結婚してからやればいい」と考えていませんか?結婚してからやればいいと思っていては遅いのです。

本気で結婚のご縁がほしいなら、いつ結婚をしても良いように結婚を想定して料理を作るなど、結婚を想定した生活をしたほうが良いのです。

結婚を想定した生活を送ることで、結婚のご縁を近づけることに繋がります。想いが形になるということです。

自立しているのにご縁がないという方は、実は一人でいることを心地良く感じていたり、一人の生活を満喫していたりする場合が多いのです。

ご縁というのは、日頃からご縁を想定した生活をすることでご縁を近づけます。参考になれば幸いです。