本当の愛と利己愛の違いとは?愛されたい人がすべきこと

2017/11/03スピリチュアル

スピリチュアルでは愛は2種類に分けられると考えられています。

1.自己中心的で未熟な利己愛
利己愛とは見返りを求める愛です。
「私はこれだけあなたを愛しているのだから、あなたも私を愛しなさいよ。」これは自己中心的な未熟な愛です。

2.本当の愛は利他愛
見返りを求めないのが本当の愛です。私達の魂は利他愛である大我の愛を目指しています。

スピリチュアルで言う愛とは、上記の2種類に分けられていて、自己中心的な愛から見返りを求めない愛を持つ為に、この世で様々な経験をしています。

誰もが始めは自己中心的な愛に支配されていますが、いつしか見ず知らずの人にまで思いやりが持てるようになるのは、経験を経て利他愛に目覚めるからです。

この記事では未熟な利己愛と本当の愛(利他愛)の違いについてお話をさせて頂きます。

 
 
 

本当の愛と利己愛の違いとは?

私達がこの世を生きている真の目的は、利己愛から利他愛に目覚めるため、すなわち本当の愛に目覚めるためです。

いろいろな喜怒哀楽を経験して、本当の愛を持てる人(魂)に成長していくカリキュラムは誰もが持っています。利他愛こそが魂を最も輝かせます。正解は明白でも最も難しいカリキュラムと言えます。

本当の愛に目覚める為には、日々の暮らしの中でこれは利己愛か?見返りを求めない本当の愛か?自問自答する事を心がけなければなりません。

意識をすることで、少しでも本当の愛に近づくことができます。

本当の愛の恋愛とは

あなたに交際している相手がいたとします。

あなたは相手の事がとても好きです。

一緒にいる時は、嫌な事も忘れられるし、ずっと一緒に居て将来結婚したいと思っていました。

交際は順調に進んでいるかと思われたある日、相手から別れ話を持ちかけられました。

どうやら他に好きな人ができたようです。

あなたならどうしますか?

1.私は好きだから別れるなんて絶対にできない。「どれだけあなたに尽くしてきたと思っているの!」と意地でも別れない姿勢を示す。

2.本心を言えば別れたくない、でも相手が他の人との幸せを望んでいるなら仕方がないと、相手の意思を尊重して別れを選ぶ。

1番の好きだから別れたくないと言うのは、エゴです。相手が別れを望んでいるにも関わらずそれにしがみつくのは、自分が可愛いからではないでしょうか。相手と別れた事で自分が惨めな思いをしたり、寂しい思いをするのが「嫌」というエゴを強く持っています。

本当に相手を愛しているなら、相手の望んでいる事を尊重する2番の選択になります。2番はエゴではありません。本当の愛とは自分が主体ではなく相手を主体に考える事です。

本当の愛とはギブ&ギブの「無条件の愛」のことをいいます。これこそが、本当の愛の形です。自分が好かれていなくても、相手のことは愛しているという状態です。相手があなたのことをどう思っているのかは関係ありません。あなたは、常に相手のことを好きだという状態です。本当に相手のことが好きなら、見返りは求めません。相手のことを愛しているがゆえに、ただ相手に愛を与え続けます。
引用元:本当の愛とは「ギブ&ギブ」のこと。