玄関に置くと良いもの置いてはいけないもの、スピリチュアルの見解 | スピリチュアル専門サイト

玄関に置くと良いもの置いてはいけないもの、スピリチュアルの見解

【門次郎のスピリチュアルブログ】

玄関に置いて良い物と、置いてはいけない物

玄関に置いて良い物と、いけない物についてお話しさせて頂きたいと思います。

玄関は人が出入りする場所ですが、人だけではなくエネルギーも出入りします。

悪いエネルギーも良いエネルギーも人と一緒に玄関から入ってくることは日常茶飯事にあることです。

玄関は人を招き入れる場所ですから、親しくもない見ず知らずの営業マンや宅配業者など、面識のない人も出入りする場所です。

玄関は良くも悪くも、目に見えないエネルギーも出入りする場所ですから、家の状態を良い状態に保つのに玄関を見過ごすわけにはいきません。

そこで玄関に置いてはいけない物として、何があるのか説明させて頂きたいと思います。

玄関に置いてはいけない物

玄関に置いてはいけない物としてあげられるのは、人型をした物です。

例えば、日本人形やお面、写真や人物画など、人を象徴した物は置かないほうがよいのです。

日本人形なんかは特にわかりやすいですが、心が宿っているような気がしませんか?

なんかこう、悲しい感情や、寂しい感情が伝わってくる感覚を覚える人もいると思います。

人を象徴した物というのは、念が宿りやすいといわれております。

その念が宿りやすい物をいろいろな人が出入りする玄関に置くということは、いろいろな念を吸収することになるのです。

赤の他人だけではなく、家族が一番出入りするわけですが、外から良くないエネルギーを持って帰ってきたり、浮遊霊を連れて帰ってくることもあります。

このような一時的な憑依は誰にでもあることで、特に気にすることもありませんが、玄関に念の宿りやすい物があると、持って帰ってきた悪い念やエネルギーが物に蓄積されていくものです。

しかし、玄関に彩りを与えようと何かしら人を象徴する物を置いていらっしゃるお宅も多いのではないでしょうか。

かっての私の仕事柄、たくさんのお宅にお邪魔しましたが、玄関に日本人形や写真、人物画などを飾っておられるお宅も結構ありました。

そして、古い家の遺品整理などをしたら、日本人形や写真もたくさん出てきます。いくら仕事とはいえ、それをゴミとして処分するのは気持ちのいいものではありませんでした。

そういった念の宿りやすいものはなるべく玄関を避けて、部屋の中に飾っておくなどして、余計な念を溜めないようにしておいたほうがよいでしょう。

玄関に置いてはいけない物をご紹介させて頂きましたが、次は玄関に置いておくと良い物をご紹介させて頂きます。

玄関に置いておくと良いもの

先ほどは、念が宿りやすいから置いてはいけないという理由でしたが、今度はその念を跳ね返すことができる物をご紹介したいと思います。

玄関に置くことで、念を跳ね返すものとは一体なんでしょうか?

ピンときている方もおられるでしょうが、それは「鏡」です。

鏡はスピリチュアル的なものです。神社や神棚にも「神鏡」と呼ばれる鏡を祀りますよね。太陽(天照大神)を象徴していると言われていたり、鏡に写る姿を見て己を振り返させるなど、神鏡には神聖な意味が込められているそうです。

鏡というのはそういった意味でも神聖なもので、エネルギーが強いものと言われています。三面鏡が閉じるようになっているのも鏡のパワーが強すぎるために閉じられるようになっているとか…

とにかく鏡というのは、とてもパワーの強いもので、使いようによっては魔除けの効果もあります。

[魔除けの鏡の置き方]

鏡を玄関に置く時に、鏡の大きさや形は特に指定はありませんが、悪いものが入ってこないように跳ね返すということから、正面を外に向けておかなければなりません。

鏡の向きだけは守らないと、鏡の魔除けパワーが発揮できません。玄関から入った時に、自分の姿が写るように設置する形になります。

そして、もう一つ気をつけて置くのは、鏡が汚いとパワーも発揮できません。良くないエネルギーをしっかり跳ね返すには鏡を綺麗にしておく必要があります。

注意すべき点としては
・玄関から入った時に姿が写るようにしておく。
・鏡にバッチリ写るように綺麗にしておく。

上記の2点に気をつけて設置してくださればと思います。

風水では、鏡を玄関正面に置くと良いエネルギーも跳ね返してしまうと言われていますが、スピリチュアルの観点からすると以下のようになります。
「悪いエネルギーを跳ね返し、良いエネルギーは自分自身でつくりだす」という意味で、玄関の鏡は外に向かって正面に設置した方が良いとされています。

外でもらってきた念や浮遊霊を家の中に入れないための魔除けになるのではないかと思います。難しいことではないので、試してみる方は是非ご活用ください。