家族が幸せに暮らすための秘訣は何か?簡単なスピリチュアルな方法 | スピリチュアル専門サイト

家族が幸せに暮らすための秘訣は何か?簡単なスピリチュアルな方法

【門次郎のスピリチュアルブログ】

家族が幸せに暮らすための秘訣は何か?

答えを先に述べてしまいますが、それは「明るさ」です。

家族が幸せに暮らせる家にするためには、明るさが必要不可欠であるということについてお話しさせて頂きたいと思います。

笑顔の絶えない家族、仲良し家族を築くために必要なことは明るさに違いありません。

ことわざにもあります「笑う門には福来る」の言葉通り、家族が幸せに暮らすためには笑顔が必要なのです。

そして、仲むつまじい家庭を築くためには、家族ひとりひとりが思いやりを持ち、会話一つをとっても「この話題は家族をなごませているのか?」「家族が健康でいられるように栄養のバランスの取れた食事を作ろう」とか、思いやりを持つことが大切です。

家族に対するサービス精神を持つことが、家族円満の秘訣であり、また家族同士が笑顔を見せ合うことで自分自身の元気にも繋がります。笑顔と思いやりがあれば、仲の良い家族を築くことができるはずです。

また家族に限らず、人が集まり賑わう家は運気があがります。家族の元から離れ、ひとり暮らしをしていたとしても、友達を家に呼び、楽しい食事や会話をして明るいエネルギーをつくることで、友達が帰ったあとでも明るいエネルギーが残ります。その良いエネルギーが運気を上げてくれるでしょう。

笑顔の溢れる家には悪いエネルギーが溜まらない

笑顔の溢れる家には、良いエネルギーが溜まります。しかし、逆のパターンもあります。

苦しい時に、暗い表情をして、暗い話題ばかりをして、嘆き悲しむばかりの家族からは良いエネルギーも逃げてしまいます。

ネガティヴな想いを持てば、悪いエネルギーが蓄積されていき、更にはそのエネルギーが家族の運気を下げてしまいます。

悪いエネルギーが蓄積されるということは、悪想念や低級霊や悪霊といった、マイナスを生み出す良くないエネルギーが蓄積されるということです。

時には、家族の心をドン底に陥れるような出来事があるかもしれませんが、そんな時は開き直って笑い飛ばすくらいの強さが必要です。

そうすることで、悪いエネルギーを遠ざけ、悪霊が寄り付こうにも寄りつくことができません。

笑顔や明るさというのは、人生をより良く生きるためのお守りになります。

例え辛いことがあったとしても、笑顔の溢れる家には悪いエネルギーが溜まりません。

何事にも感謝をする習慣が幸せな家庭をつくる

家族の無事を祈り見えない存在の力にあやかろうと、仏壇に拝んだり、神棚に拝んだり、神社やお寺に参拝したりするかもしれません。

そういったことももちろん大切な事ですが、もっと根本的な部分を忘れてはいけません。

いくら神仏を敬い大切にしているからといって、根本的な部分を大切にできなければ、その力にあやかることはできません。

その根本的な部分とは、言葉で言えばとても簡単なことですが、心から実践していくのはとても難しいことです。

それは「何事にも感謝する」ということです。

日々の暮らしの中にある当たり前のことでも、感謝をする習慣をつけなればなりません。

人生には、ままならないことがたくさんありますが、ままならないことにも意味があり、ままならないことから学ばなければならないことがあるから、ままならないことが起きるのです。

ままならないことから気づきを与えられ、人は成長できるのですから、上手くいかなかったからと恨んではいけません。上手くいかないことも、良い経験になる日が必ずくるのです。

そして、上手くいかなかったことでも、気づきを与えてくださったと「感謝」をする気持ちを持てば怖いものはなくなります。

上手くいかなかったことでも感謝をすることで、必ずそれが教訓となり、いつかプラスになって返ってきます。だから感謝の気持ちを持てば、どんな出来事もプラスになって返ってくるとわかる日が来るのです。

不平不満はマイナスのエネルギー生みます。感謝はプラスのエネルギーを生みます。その積み重ねで、人生は大きく変わっていきます。

ですので、何事にも感謝をする習慣をつけることが、家族全員が幸せに向かう方法なのです。

家族全員が、何事にも感謝をする習慣をつけて、幸せな家庭を築きましょう。