善意と偽善の違いを見分ける方法 | スピリチュアル専門サイト

善意と偽善の違いを見分ける方法

【門次郎のスピリチュアルブログ】

善意と偽善の違い

善意のある人を見て人はよく「あいつは偽善者だ!」などと口にします。

震災などで、芸能人の方が多額の義援金を寄付すると「売名行為だ!」「偽善だ!」などと言われることがあります。

やっている行為はとても素晴らしいのに、どうして人はそれを偽善などと言ってしまうのでしょうか。

悲しいことに上記のような善意の行ないが、見方によっては胡散臭い(うさんくさい)と思われてしまうことがあります。

人は、善意が素晴らしいことであることを知りながらも、心のどこかで善意は胡散臭いと感じているのです。

どうしてそのようなことが起こるのか、人が感じる善意とは何かを説明させて頂きます。

善意と偽善の違いについて

そもそも人が感じる本当の善意とは、人の目にふれにくいところにあるものです。

善意が胡散臭いと感じたり、綺麗事と感じるのは、人の目にふれやすい善意を見ているからです。

人の目にふれやすい善意とは「良いことをしていますよ」と人に見せること、それは確かに本当の善意ではなく偽善であるケースもあると思います。

人が偽善だと感じてしまうのは、善意の先に見返りを求めている裏を感じるからです。

人が素直に善意だと受け入れられるのは、人に気づかれない善意であり、見返りを感じさせない善意であり、見返りを求めていない善意を人は本当の善意だと感じます。

おおやけにしていなかった善意が明るみになったとき、人は素直に「善意だ」と認めることができると思います。

本当の善意とは、見返りを求めない善のことです。

例えどんなに善意の行ないをしたとしても、そこに見返りの気持ちがあれば、それは偽善と捉えられる可能性があります。悲しいですが…

本当の善意か、偽善かを見極める方法は、見返りを求めているかどうかだと言えます。

世の中にある善意は偽善なのか?

人は、この世に生まれている時点で、基本的に利己愛で生きています。

肉体を持ち自分という個にとらわれているのですから、自分が一番可愛いと思うのは自然なことです。

そのため見返りを求めない本当の善よりも、見返りを求めている偽善が世の中には溢れていると言わざるを得ません。

しかし偽善であれ、善は善です。やらない善より、やる偽善が素晴らしいことは言うまでもありません。

自分を愛さず人を愛することはできません。自分を大切にしないで人を大切にすることはできません。

人のために働く人も当然、自分の利益があるから頑張れる原動力になります。何もかも利益抜きにして行えば、生きてさえ行けなくなります。それをただの偽善だと言うのは、殺生な話です。

偽善であれ善は善です、悪よりも良いことは言うまでもありません。

本当の善と偽善との狭間で私達は、自分以外の人のために何かをしたいという善を育てています。

魂は、本当の善意を持つことを目指して、この世の修行に参加しています。

少しでも本当の善意が芽生えたなら、それは魂が成長している証拠ですし素晴らしいことだと思います。

ほんの少しでも、本当の善意を育む心を持ちましょう。