守護霊は4種類・主護霊・指導霊・支配霊・補助霊それぞれの役割の違いとは | スピリチュアル専門サイト

守護霊は4種類・主護霊・指導霊・支配霊・補助霊それぞれの役割の違いとは

【門次郎のスピリチュアルブログ】

守護霊様は四種類に分けられる

スピリチュアルや霊的なことに興味を示している方なら皆様ご存知の守護霊様ですが、その守護霊様が一人につき一体と思っている方は多いのではないでしょうか。

実は守護霊様は四種類に分けられているそうです。私も勉強するまでは知りませんでした。

私が鑑定を通じて交信してくださる守護霊様は、必ずではないですが四種類いる中の補助霊にあたる守護霊様です。その補助霊については後ほどご紹介させて頂きます。

私も皆様と同じように記憶を消されてこの世に誕生していますので、あの世や守護霊様についても謎だらけです。

正直に申し上げますが、ここでご紹介するのは私の経験や知識ではなく書籍に書かれていることです。少しでも守護霊様の理解を深めて頂ければと思い書かせて頂きます。ご理解の上ご覧いただければ幸いです。

守護霊様とは大きく四つに分けられる

守護霊様とは大きく分けて四つの霊で構成されているそうです。

主護霊、指導霊、支配霊、補助霊の四つです。

主護霊(ガーディアン・スピリット)

私達の守護霊の中の中心的役割を果たしている霊魂で、だいたいの場合が、400年〜700年前に他界した先祖の霊魂が主護霊になっていることが多いそうです。

少数の例外を除いて、男性には男性の主護霊、女性には女性の主護霊がついているそうです。

主護霊は生まれる前、生きている今、私達が亡くなってからも切っても切れない間柄で、生涯入れ替わることがないそうです。

私達が生まれる時に「いってらっしゃい」と見送り、あの世に還った時は「おかえりなさい」と出迎えてくれるのかもしれませんね。

そして、私達は主護霊と似た生涯を送ると言われています。

指導霊(ガイド・スピリット)

私達の趣味や職業を指導している霊魂を指導霊と言います。

芸術家には芸術家の霊魂、医師には医師の霊魂という具合に、指導霊の得意とする職業に私達は導かれているようです。

私のことを言えば、私を守ってくだっている方の中に、仙人のような方がおられますが、もしかしたら現在このような仕事をしているのは仙人の指導霊の影響があるのかもしれません。

指導霊は私達の先祖霊に限らず、国籍も問わずにつくこともあるそうで、まったくの赤の他人が指導霊になることもあるそうです。

私達は、この指導霊の影響を強く受けていて、才能や適性にも指導霊が関係しています。

しかし、この指導霊は途中で入れ替わることがあるのが特徴です。

傲慢になったり、精進しなくなったり、志しが低くなり波長が下がれば指導霊は去っていくそうです。

そうすると、高級指導霊から低級指導霊へとバトンタッチされるそうです。

低級指導霊にバトンタッチされると、今まで出来ていたことが出来なくなったりして個人の能力の低下にも繋がるそうです。

それとは逆に、能力を高めるために精進して、謙虚に頑張っていれば、今よりも高い高級指導霊とバトンタッチされ、さらに能力の飛躍ができるそうです。

どのような職業でも、著しい活躍を見せる人の指導霊はとても長けていると言われております。

高級指導霊を呼び込むためにも、努力を惜しまないというのは大切なことだと思います。

支配霊(コントロール・スピリット)

支配霊は人の運命をコーディネートしている霊魂と言われています。

例えば、人との出会いや結婚や、どこで暮らすかなど、私達の進むべき道や環境をコントロールしているのが支配霊と言われています。

私達を取り囲む環境も私達が関わる人とのご縁も、私達に気づきを与える最善の道を選び与えてくれているのだと思います。

人とのご縁は不思議で、いろいろな偶然が重なり合わないとできないご縁もありますが、その偶然もこの支配霊が導いているようです。

人を導いていく支配霊は10年先のことを見通す力を持っているそうなので、常に10年後を見越していろいろな縁をつけているのかもしれませんね。

すべての出会いは偶然ではなく、支配霊がつけた必然のご縁ということになります。

補助霊(ヘルパー・スピリット)

補助霊とは、上記で紹介した三役の守護霊の補助をする霊魂のことです。

補助霊は、前世に関わる霊魂が関与していることもありますが、私達の身内や近いご先祖様が補助霊をしていることが多いようです。

私の場合ですが、鑑定を通じて守護霊様と繋がる場合はこの補助霊の場合がほとんどです。祖父母や曾祖父母など近いご先祖様や肉親の場合が多いのです。

よく「お爺様が守ってらっしゃいます」という表現をされますが、それはこの補助霊のことだと思います。

私の鑑定の多くは守護霊様の代表として補助霊が繋がってくださいますが、人間の窓口になることを任されていらっしゃるのかもしれません。

今回させて頂いたお話は夢物語のようなところもありますが、見守り導いてくださっている存在がいることは、これまで生きてきた人生の中で感じている方も多いのではないでしょうか。

誰もが見守られている存在ということを認識して、健全な心で毎日を過ごすことで守護霊様から良いお導きを頂けると思います。