守護霊のメッセージを受け取る簡単な方法はこれ! | スピリチュアル専門サイト

守護霊のメッセージを受け取る簡単な方法はこれ!

【門次郎のスピリチュアルブログ】

守護霊のメッセージを受け取る方法

守護霊からのメッセージはどのような形で降りてくるのでしょうか?

声としてメッセージを受け取るのでしょうか?

もし耳で守護霊の声を聞こうとしているなら、低級霊に翻弄されるかもしれません。

守護霊のメッセージは耳で聞こうとしても聞こえるものではないからです。

守護霊からのメッセージは言葉で受けるのではなく、日々の生活の中に含まれています。

守護霊が伝えたがっているメッセージが何かを想像し、より良い人生を切り開くことができるようになります。

この記事では守護霊のメッセージがどのような形でやってくるのかお話をさせて頂きます。

たくさんのメッセージを受け取りより良い人生にしましょう。

守護霊からのメッセージを受け取る方法

今回は事故や取り締まりをよく見かけるときを例に、守護霊からのメッセージについてお話をさせて頂きます。

車やバイクを運転している人なら、人生のうちに一度や二度は「最近やたら事故を目撃してしまうなぁ~」と思う時期があったのではないでしょうか。

私にもそんな時期があって、ドライブをしていると、1日に3回も4回も事故現場を目撃したことがあります。

よく見る時期というのは、間髪開けずに何度も事故現場に遭遇したり、救急車に遭遇したりします。

偶然そのような現場をよく目にすると言ってしまえばそれまでですが、スピリチュアルの視点では、事故現場を目撃するのも偶然ではなく必然になります。

私も以前は、事故現場をよく見ることが守護霊からのメッセージとは考えませんでした。

ただ「怖いなぁ…」くらいの他人事で済ませていました。

他人事で済ませていた私は、その後実際に事故を起こしています。結果論から言っても、事故現場をよく見たのは、運転に注意しなさいという守護霊からのメッセージだったのです。

また、事故に限らず、交通違反で捕まっている人をよく見かけたあとに、自分が捕まることもありました。

私は、事故さえ起こさなければ道路交通法に従わなくてもいいと思っていた過去があり、お恥ずかしい限りですが、シートベルトをしない主義でした。(今では過ちに気づき、欠かさずしています。道路交通法を守り、シートベルト着用を奨励します!)

反対車線で、シートベルト違反で捕まっている人を頻繁に見かける時期があり「反対車線で良かった、ラッキ〜」で済ませていたら、そのうち自分も捕まったことは一度や二度ではありません。学習せずに、何度も同じ過ちを犯しました…

私個人の経験を踏まえても、事故現場や捕まっている違反車をよく見るのは、「人のふり見て我がふり直せ」という守護霊からのメッセージだったと思います。

事故現場をよく見るのは、「事故に気をつけなさい」という守護霊からのそのままのメッセージの場合もありますが、メッセージは事故のことだけとは限りません。

守護霊から事故以外のメッセージ

事故以外の守護霊からのメッセージも想像する。

例えば「このところのあなたは注意力が散漫ですよ、もう少し慎重に物事を進めなさい」とメッセージを受けているかもしれません。

注意するのは事故に限らず、私生活への警告メッセージだったり、仕事への警告メッセージだったり、人間関係への警告メッセージだったり、いろいろなことが考えられるのです。

衝突事故を見たのなら、「対人関係で衝突する予兆、人に対して敬意を払いましょう」というメッセージかもしれません。

スピードの出し過ぎの事故は、「生き急いではいけません、周りが見えてないですよ」というメッセージかもしれません。

また、これらのメッセージは、あなた自身のことではなく、あなたの身近にいる誰かのことを予兆していることもあります。

守護霊様からのメッセージは、このように日々の生活の中に含まれています。目にしたものに不穏なものを感じたら、しばらく注意をしていたほうが良いでしょう。

ここで疑問に感じる方がおられるかもしれません。「いつまで気をつけたらいいの?」ということ。

何かの警告だ、気をつけなければならないと思っても「一体いつまで?」と思うと思います。

こうしたメッセージは、近未来に起こることを予兆している可能性が高いのですが、いつとは断定できません。明日かもしれないし、一週間後かもしれない、一ヶ月後かもしれません。

半年、一年経って何もなかったと思うのなら、無事に難を逃れたのだと思います。

近未来と言っても、忘れた頃にやってくる場合も多いので、事が起きてから、警告メッセージがあったことを思い出すことも多いものです。

守護霊から警告メッセージは、気をつけていれば回避できます。メッセージに気づき、注意をして自身を改めて過ごしていれば、例え忘れていたとしても危険を回避することができると思います。

何かよくない状況を見たときは、自身に改めるべき点がないか省みてみましょう。

また、メッセージが耳から聞こえてくる方は、低級霊や幻聴の可能性があるので注意が必要です。

守護霊からのメッセージは言葉で受けるのではなく日々の生活の中に含まれています。守護霊が伝えたがっているメッセージが何かを想像し、より良い人生を切り開きましょう。