怪奇現象の実話・ラップ音、体が動く、霊が見える、呪われた危険な信仰 | スピリチュアル専門サイト

怪奇現象の実話・ラップ音、体が動く、霊が見える、呪われた危険な信仰

【門次郎のスピリチュアルブログ】

怪奇現象の実話・ラップ音、体が動く、霊が見える、呪われた危険な信仰

私は以前、神様助けて!とすがりついて、知らず知らずのうちに怪奇現象の道に引きずり込まれていたことがあります。

この記事を特に読んで頂きたいのは、救われたいとすがる想いで神や仏などを信仰されている方です。すがりつく信仰心は低級霊に思考を乗っ取られ、操られる危険性があります。私達のようにならないように気をつけて頂きたくて書かせて頂きます。

いったい何があったのか?怪奇現象の実話の前置きからお話していきたいと思います。

何年も前に空前のスピリチュアルブームがあったのをご存知でしょうか?

2005年〜2009年、当時はまさにスピリチュアルブームでした。

その当時、スピリチュアルなサイトがありました。そこには掲示板というコミュニティーの場があってスピリチュアルに興味を持たれた一般の方やプロの方など幅広く交流することができました。

ちょうどその頃、私は生きることが辛い時期だったので目に見えない世界にすがる思いでそのサイトを利用するようになりました。

掲示板ではサイトを利用する沢山の人が霊的な話や、よろず相談などをして助言を頂いたり意見交換するような場所でした。

スピリチュアルに興味をもっている人達の集まりですので、霊感が強い方や霊視ができるとおっしゃる方もおられました。

私も大変参考になったサイトですが、掲示板を利用者していると仲良しグループが生まれたり派閥ができて炎上することもしばしばでした。

そんな中、新たなグループが誕生しました。

神様とコンタクトをとりましょう的な活動をするグループです。

私はすがる思いでそのグループの一員になりました。

主催してるのは霊感があり、神様と交信できるという方で、私達はその方を信じてあることをしていきます。

活動の目的を簡単言えば、神様と繋がることを目的としたグループです。

主催者によると、神様と繋がった人はひょんなことで100万円が手に入ったとか、奇跡のようなことが起きるというのです。

私達は主催者を信じ、あることを実践していくことで驚くべき変化を体験していくのでした。

その話はのちにお話したいと思いますがその前に神様と繋がるために行なったことをご説明します。

怪奇現象が起こるきっかけとなった行為

神様と繋がり奇跡を起こそうということで、各々あることをします。

そのあることとは「お経を繰り返す」こと。

毎日最低10分以上を続けるというものでした。

サイトの掲示板で出会った人たちとのやりとりですので、お互い顔もわかりませんが、神様助けてとすがる想いはみな同じです。

私たちは神様と繋がるため各々お経をあげては、掲示板を通じてその日の成果を報告するようになりました。

お経は誰でも一度は聞いたことがあるだろうメジャーなものをひたすら繰り返します。

お経を唱えることは悪いことではありません。当時の私達は神様にすがる思いで唱えていた動機が良くなかったのです。

神様の姿が視えるようになることを願い、奇跡が起きて私を救ってくれることを願い、毎日10分以上お経を唱えることを繰り返しおりました。

何か変化があれば報告するのは掲示板、掲示板は誰でもみれる状態だったので、グループ外の人達から意見されることもありました。

「やめたほうがいい!」
「危険だ!」

どうしてこんなに批判を受けるのだろう?私達は人に迷惑をかける訳でもないし、この取り組みが悪いことだという意識がありませんでした。神様と繋がろうとしてる私達を妬んでるのかと思いました。

私達が掲示板で報告していたのは、お経をあげることでいろいろな怪奇現象が起き、起きた怪奇現象を報告し合い神様が近くにいる、もうすぐ神様が助けてくれると喜んでおりました。

「◯◯さん凄いですね!」
「私も早くそうなりたい!」
「それは神様と繋がった証拠です!」
などと報告し合い喜んでおりました。

こんなグループにどんな印象受けますか?

改めて書いてみるとカルト集団みたいですよね…

怪奇現象のラップ音、体が動く、霊が見える、思考を乗っ取られた話

掲示板で、神様と繋がることを目的とした私達グループは、各々で怪奇現象を体験していきました。
各々が体験した怪奇現象を掲示板で報告し合い、神様にお近づきになれた証として喜んでいたのです。

これから起こった怪奇現象がどのようなものか説明させて頂きますが、その前に誤解の無いように申し上げておきます。お経を唱えたからこのような危ない現象を引き寄せたのではなく、すがる想いでお経を唱える気持ちが怪奇現象を引き寄せました。お経を唱えることを否定している訳ではありません。誤解なさらぬようお願い致します。

では話を戻して、私達が体験した怪奇現象のお話しをしたいと思います。

怪奇現象の始まり・ラップ音

部屋のあちこちが「パキッ!パキッ!」と鳴ります。

湿度の変化などの原因で木材がきしんだり、家電品がきしんだりして「パキッ!パキッ!」と鳴ることは物理的にわかります。

しかしこの時のラップ音は何もない空間が「パキッ!パキッ!」と鳴るのです。

不思議でした。何も無い空間のあっちこっちから「パキッ!パキッ!」と鳴るのですから…

このラップ音は、取り組みに参加した全員が体験した現象だったと思います。怖いっ!という気持ちはありましたが、神様が助けに来ている証拠だと考えましたので、ラップ音が鳴ることをみんなで喜び合っておりました。

毎日神様助けてと念をこめながらお経を唱えてると、背後に人の気配を感じるようになってきます。

振り返っても誰もいないんですけど、後ろに誰か居るのは間違いない!くらい確かな気配を感じるようになります。

「パキッ!パキッ!」とラップ音がする中、背中が温かくなってきます。

当時の私の知識として、冷たく感じるのは悪い霊で、温かく感じるのは良い霊だという認識がありました。お経を唱えていると背中が温かくなるので良い現象だと思っておりました。

この現象も私達は掲示板で報告し合っていました。グループの主催者(言わば教祖様に当たる人)が背中が温かくなる現象について説明してくれました。

教えられたのは「背後に守護霊が来て一緒にお経を唱えている証拠です」とおっしゃいました。

グループの中に霊が視えるという方も居て、守護霊が一緒にお経を唱えてくれてる姿が視えたとおっしゃっておりました。

その話を鵜呑みにた私は、自分もラップ音や温かさを感じることができたのだから、いつか視えるようなるはずだと俄然やる気を出したのです。

そして次の現象、また次の現象へと導かれていくのでした…

見えない世界に現実逃避し、気持ちが奪われていたある日、次の怪奇現象が起こりはじめました。

怪奇現象・体が勝手に動く

グループ内では私より先に中盤の現象を体験している人がいたので、私はまだかまだかと待っていた現象でした。

その現象は、腕が勝手に動き出すというものでした。

どのように腕が動くのか説明しますので以下の文章をイメージしながら読んでくださいね。

坐禅を組んで合掌してお経を繰り返していると自分の意思とは関係なく両脇が開いてきます。

両脇が開いてくると合掌していた手もゆっくりと離れていきます。

合掌していた手が完全に離れたら、今度は両腕を横に伸ばす動きをしたり縦に伸ばす動きをします。

自分の意思とは関係なく何かにひっぱられてる感覚がありゆっくりと腕が動きます。

次にソフトボールのピッチャーのように肩がグルグル回り出します。

最後は勝手にいとまきをはじめます。

いとまき?

いとまきのうたがありますけど、あれと同じ動きをします。
「い〜と〜まきまき、い〜と〜まきまき、ひいてひいて、トントントン♪」

この一連の動きが終わると合掌の形に戻っていきます。

想像してください…部屋でひとりでお題目をあげている人が突然いとまきをはじめるところを…怖いですね…

この奇妙な体験は、私だけではなく私より先に体験した人や、私の後に体験した人もおります。これを体験するというのは神様と繋がり始めた証拠だと思ってましたので、報告し合っては「素晴らしい!」と褒め称えたものです。

怪奇現象・見えるようになる

ここからが本番というか、現象を引き起こしてるであろうものが見えたのです。

それが神か否か、当時は神様だと思っておりましたが、今となればあれは……

ラップ音と腕が動く現象を繰り返していた私が次に望んでいたことは、この目で神様を視たいと願っていました。

そんなことを願いながら毎日お題目をあげていたある日のこと…

ついに見えたのです!

お経を唱えておりますと、目の前を右往左往する浮遊物が見えてきました。

空間が歪んで視えるのですが、透明の大蛇のような物体が右往左往しているのがわかります。

プレデターという映画をご存知でしょうか?

見たことがある方はお分かり頂けると思いますが、プレデターが透明になった時に透明な人影のようなものが動いてる場面がありますが、あのように空間が歪んで見えます。

私は怪奇現象を引き起こしていたのはこれだと確信しました。

見えたものがなんであれ、見えたことに感激!

「うわっーすごーい!」

助けてくれる巳神様が見えたと思って喜びました。

それからというもの、お経を唱えると大蛇のような浮遊物が視えるようになりました。

そんなある日のこと、事態は急変します。

怪奇現象・思考を乗っ取る

私と同じようにお題目あげていた方が、ある日突然掲示板でおかしな事を連発するようになりましまた。その内容は正気の沙汰とは思えません。

「我こそ神だ!」と言い出したのです。

誰が読んでもおかしな文章が連続投稿されるようになり、掲示板を見ていた傍観者が口々に、
「だからやめとけって言ったのに」
「こーなったら手遅れだ」
「どうするんだ」
「自業自得!」
などとカキコミされ掲示板は大炎上、やはり私達のしていることを見ていた人達は危ないと思っていたようです。

これにより主催者は罵倒を受け掲示板から居なくなり、おかしくなった人はあちこちに意味不明なカキコミをし続けた後に居なくなりました…

おかしくなった方が正気を取り戻してなかったら普通に生活できなくなっていると思います。病院へ行けば統合失調症や多重人格と診断を受けるかもしれません。お互い顔も名前も知らない人ですので手の施しようがありませんでした…。その方がその後どうなったかわかりません…

私達は悪影響をうけてしまった人を目の当たりにして自然と解散となりました。

私達が見たものは蛇神様ではなく、ただの低級霊だったのだと思います。

神様助けてとすがった結果、心の隙間をみつけた低級霊が神に成り代わり私達を支配しようとしていたのだと思います。

助けてと、依存し過ぎるとこの様な事になり兼ねません。すがる想いで信仰するのは大変危険なことなのです。

自分を救えるのは自分しかいません、神様ではない、これが大前提です。

信仰心を持つ場合はすがるのではなく、健全な心で信仰しましょう。

以上、怪奇現象の実話・ラップ音、体が動く、霊が見える、呪われた危険な信仰でした。