人生は修行の場、素直で前向きに生きれば人生が変わります! | スピリチュアル専門サイト

人生は修行の場、素直で前向きに生きれば人生が変わります!

【門次郎のスピリチュアルブログ】

素直で前向きに生きれば人生が変わる

大我と小我

某有名スピリチュアルカウンセラーの方のスピリチュアリズムをご存知の方ならお馴染みの言葉ですが、大我と小我という言葉があります。

「大我」とは見返りを求めない愛のことです。
「小我」とは見返りを求める愛のことです。

「大我」のわかりやすい例をあげると、親が赤ちゃんにミルクをあげるときに「ミルクあげたんだから何かお礼してよねー」とは思いませんよね。このように見返りを求めない愛のことを大我と言います。

それとは逆に「これだけしてあげたんだからお礼してよねー」というのを「小我」と言います。

私達は魂の成長を目指していますが、目指すところは「大我の愛」に目覚めることです。いろいろな経験を通じて小我から大我へと成長しようとしているのです。

人間は我欲の塊ですので未熟な魂です。人間をやっている時点で、まだまだ修行が必要です。私もまだまだ小我ですし、神への道は程遠いでしょう。この先まだまだ輪廻転生を繰り返すことと思います…

人生は忍耐の連続

人生は修行であり、修行には忍耐がつきものです。修行は楽なものではありませんが、そのことをわかった上で私達は生まれてきました。

しかし、何かに努力をして結果を得られた時の達成感というのは、努力した分だけ深くなるのではないでしょうか。その達成感も苦労あってのことで、あの世では味わうことができない貴重な経験です。

人生にはさまざまな人間関係があります。家族、結婚、恋人、友人、仕事など、その中で忍耐を学ぶこともたくさんあると思います。

家族のために我慢しなければならないこともあるでしょう。友達のために我慢をすることもあるでしょう。

仕事では、望んでいた部署に配属されなくて見送らなければならないこともあるでしょう。

いつまで続くかわからない親の介護にも忍耐力が求められます。

あれもこれも我慢はつきもので、我慢のない人生を送る人などおりません。

それを恋愛や結婚に焦点を当てるなら、恋愛は「感性の学び」結婚は「大我の愛を育てる忍耐と絆を作る学び」とスピリチュアルでは言われています。

素敵な相手を選んだとしても結婚に「忍耐」はつきものです。

へそ曲がりになっていませんか?

人間素直が一番ですが、世の中のありとあらゆることに文句をつけたがる人もおられますが、あなたはそのようになっていませんか?

例えば
「人の話を素直に聞けない」
「人の話に文句をつけたがる」

あなたは素直に「はい」と言える心を持っているでしょうか?

例えば「結婚は忍耐を学ぶ」と聞いたときに「私は結婚してないので忍耐を学ばなくていいということですよね?忍耐を学ばなくていいはずなのに、我慢ばかりの人生です。なぜですか?」とおっしゃる方もおられます。

このような屈折した発想をする思考になっていませんか?

私からすればただの屁理屈にしか聞こえませんが、このような発想をすることを客観的にみてへそ曲がりだと思いませんか?

こうした思考で生きていると、何かにつけて不平不満や屈折した感情が湧いてくるので、マイナス思考で日々を過ごすことになります。

こうした屈折した考えで生きている方はマイナス思考により幸せにはなれないということ。

私はたくさんの方々のご相談を受けさせて頂いた中で、これまでにも屈折した考え方をされる方をたくさん見てきました。

こうした考え方をして、何年経っても幸せなたどり着けない方が多いのです。

逆に素直に人の話を聞き入れる方は、道が開ける方が多いのです。

これは思考の違いで、引き寄せるものが違ったり、見えない力の働きかけが変わるからだと思います。

へそ曲がりに生きて得なことなどありません。へそ曲がりの人と素直な人と、どちらと仲良くなりたいですか?困っていたらどちらを助けたいと思いますか?

客観的に考えれば答えは歴然です。

「素直に前向きに」が幸せを引き寄せるコツですので、へそ曲がりにならないように物事をポジティブに受け止めましょう。