子育ての悩み、ルーズな子供にどう接していくべきか?親の愛が子供を変える | スピリチュアル専門サイト

子育ての悩み、ルーズな子供にどう接していくべきか?親の愛が子供を変える

【門次郎のスピリチュアルブログ】

子育ての悩み、ルーズな子供にどう接していくべきか?親の愛が子供を変える

子供がルーズでいくら言っても言うことを聞かないと、頭を抱えておられる方もおられるのではないでしょうか。

親は人生経験があるので、ルーズな性格では将来の可能性が狭くなることは重々承知。そのため、子供に「どうしてわからないの!」とイライラしてしまうこともあると思います。

そんな時は少し冷静になり、どうして親の言うことが理解できないのかを考えると良いかもしれません。

今回のご相談は、娘様がルーズで…ということで頭を抱えておられました。

同じような境遇の方の参考になれば幸いです。

それでは、ご相談内容から紹介させて頂きます。

子育ての悩み、ルーズな子供にどう接していくべきか?・ご相談内容

中学生の娘の件です。

昔(小学校低学年頃)からですが、マイペースな上にルーズで時間・期限が守れません。時間配分が分かるようになれば変わるかなと思っていたのですが、全く変わることなく、この夏休みはひどいものでした。この子のこのような生活態度は、

① この子の性格的なもの
② 病的なもの
③ 愛情不足
④ 家庭環境(私たち夫婦の喧嘩、父親が否定的な言葉しか言わず、全く褒めることをしない等)の問題
一体、何が問題なのでしょうか。

娘には、小学5年の弟がおりますが、全くの真逆で、尚更、娘のルーズさが目につきます。
例えば、
 【弟】
  ・食べたお菓子の空袋は、ごみ箱にすてる。使った皿等は台所のシンクの中へ入れておく。
  ・脱いだシャツやパジャマは洗濯場へ持っていく。
  ・野球を習っており、バスが自宅まで迎えにくるが、バスを待たすことなく準備をして出ていく。
  ・「明日の野球の試合は〇時集合だから、△時に家を出るから、△時までに準備してね」と伝えておくと、伝えた時間までに準備を済まし、私が急かされるほど。

 【娘】
  ・食べたお菓子の空袋、使った皿等はテーブルの上におきっぱなし。
  ・脱いだシャツやパジャマは、脱いだ場所におきっぱなし。
  ・習い事をしており、私が送迎しているのですが、私から声かけしないと動こうとせず、「行くよ!」と言っても、慌てることなく、ほぼ毎回遅刻。(※習い事はすべて、本人が「習いたい」と言って習わせたもので、無理やり習わせたものではないです。「行く気がないならやめたら」と言うと「やめたくない」と言います。

これまで、下の子に対しては、言葉使いが悪いとか、字がきたないといった問題はありますが、頭を抱えて思い悩むほど深刻に思い詰めたことは一度もなく、上の娘に対しては、幾度となく悩まされ、「(精神的な)病気?」と思ったこともしばしばです。

以前は、私もイライラしてよく怒りつけていたのですが、怒ってもなお意固地になり反発するだけだと思い、最近はなるべく怒らずに根気よく待つようにしておりました。この夏休みも、干渉したらイライラして怒りつけたくなるので、宿題については一切ふれませんでした。その結果、宿題が仕上がらないまま登校しました…

40日も休みがある中で、宿題を段取りよく仕上げることができず、ドリルなんて答え丸写しです。この段取りよく宿題が出来ないのは今に始まったことではなく、小学校の頃からで、せっぱつまらないとできません。(毎日の宿題もです)。

娘のこのような生活態度は直るものなのでしょうか。

子育ての悩み、ルーズな子供にどう接していくべきか?・鑑定結果

娘様の件について
娘様がマイペースな上にルーズで時間・期限が守れないとのこと

考えられる理由としてあげて頂いた4つの中に、答えはあります。

① この子の性格的なもの
② 病的なもの
③ 愛情不足
④ 家庭環境(私たち夫婦の喧嘩、父親が否定的な言葉しか言わず、全く褒めることをしない等)の問題

答えは①になります。

順に説明させて頂くと
②の病気は考えられません。娘様の心が病んでいることはないので、心配いりません。
③の愛情不足でもありません。愛情を感じならが育っておられるのでその心配はありません。
④の家庭環境、確かに少しは影響があるかも知れません。夫婦喧嘩というよりは、旦那様がもう少し子供達に希望を持たせるような発言を心がけて頂けると、お子様達のモチベーション、家庭内の雰囲気が良くなると思いますが、これが主な原因ではありません。

やはり一番大きな原因は①の性格的なものです。

今回の件に関して焦点を当ててお話させて頂きますが、大きく2つの意味があります。

①魂の欠点の克服
②守護霊の視点

①魂の欠点の克服

娘様がルーズなのは、生まれ持った性格上の問題、言わば魂の欠点になります。

お母様は娘様と違い、きっちりしていらっしゃるので、娘様のルーズさが理解できないと思います。

そして、娘様を取り囲むご家族も、息子様もきっちりしていらっしゃいますし、ご主人もきっちりしていらっしゃると思います。

ご家族のなかでルーズなのは、娘様だけではないでしょうか。

娘様が、ご家族を選んで生まれてきた理由のひとつに、自身の魂の欠点を正そうという意図があります。

娘様は自分に甘く、つい怠けてしまう癖があります。

その娘様に対して、さじを投げて愛情をかけることをやめてしまえば、娘様は愛の電池切れで、遊び呆けて寂しさを紛らわそうとします。ですので、娘様のことは、今後も愛情をかける必要があります。

優しくするのも愛情、黙って見守るのも愛情、叱るのも愛情、それらの愛情を持ってこれからも接してあげてほしいと思います。

娘様がルーズなのは、もともと持っている魂の癖で、その癖を直すために、きっちとしたご家庭、きっちとしながらも甘えが許されるご家庭を選んで生まれておられるのです。

厳しすぎたら娘様は潰れてしまうし、甘すぎると甘えすぎてしまうし、バランスの取れた環境が現在の家庭環境なのだと思います。

親として、育て方が悪かった、家庭環境が悪かったと責めるかもしれませんが、同じ兄妹でも生まれた時から性格が違うのと同じで、もともと持って生まれたものです。それを正していくことも課題として生まれておられるので、家庭環境のせいだとは言えません。

また、重度に思い詰めるほど、深刻な問題ではありません。

それはちゃんとお母様達の愛情を感じてる育っているからで、今後も愛情をかけて育てていくことで次第に正されていきます。すぐには無理ですが根気強く、見守ることが大切です。

②守護霊の視点

私は娘様と同じで、宿題をせずに登校して、夏休みが終わる頃にはいつも憂鬱になっていました。

しかし、私は親からも特に注意されませんでしたので、それに甘えていました。憂鬱になることがわかっていても宿題をする気になれませんでした。

そんな私は、ルーズになることがどうしていけないのかわからないまま大人になり、自業自得ですが、苦労した次第です。

いくら人に注意をされても、ルーズがいけないと自覚しない限りは直りません。

娘様も私と同じですから、奥様がいくら「ちゃんとやりなさい!」と言っても伝わっている気がしないと思います。

ルーズが人生を狂わせることを知らないうちは直りません。

先ほども述べましたが、娘様は魂の欠点である部分を正そうと、奥様の子供として生まれています。

そしてお母様は、自分とは違った性質を持つ娘様を育てることで、守護霊の視点を勉強されています。

お母様はご家族のなかで魂年齢が高く、母の立場から大きな愛を学ぶための試練を請け負っているのです。

それは娘様にだけではなく、ご家族全員に対してです。

守護霊の視点とは、どういう意味なのかを説明させて頂きます。

守護霊が、どんな人物かを想像して頂きたいのですが、私達の欠点や弱点を取り除いた存在が守護霊だとお考えください。

守護霊からすれば人は皆、未熟で欠点だらけです。その未熟で欠点たらけの人間を気長に見守っています。

厳しい現実を与え、気づきを与えたり、試練を乗り越えたらご褒美を与えたり、目には見えませんが天から私達を見守っています。

守護霊が私達にしていることは「気づきを与え、気づかせること」です。

人は未熟ですから、何度も同じ過ちを繰り返します。しかし、それを守護霊は根気強く見守り、何度も気づきを与えてくれます。決して私達を見捨てません。

娘様に強制するのも違います。娘様を放っておくのも違います。娘様自身が「ちゃんとしなきゃいけないんだ!」と気づくことが大切です。

力づくでやらせればやるかもしれません。しかし、それはやらされているだけであり、本当の意味で理解していることになりません。

放っておけば、見捨てられた寂しさから、外で気を紛らわせようとするようになり、家に帰らず遊び呆け、非行に走ります。

力づくでもなければ、放っておくのでもなく「気づかせる教育」をしていくことが必要です。

要は、自覚をさせることが大切なのです。

どうして宿題をやらなければいけないのか、どうして片付けをしなければいけないのか、どうして学校にいかなければいけないのか、どうして甘えてばかりいてはいけないのか、などなど、どうしていけないのかわかれば娘様は直ります。

先ほども述べたように、それほど深刻な問題ではありません。今後も根気強く娘様と向き合っていくことで、娘様は正されていくからです。

今は、魂の欠点に気づくため(自覚するため)の時間を過ごしている段階だと思います。

今、お母様ができることは、娘様が早く自覚するように、どうしていけないのか?このままだとどうなるのか?ルーズがどんな不利益を生むのかを考え「そうならないようにちゃんとしなさい!」と根気強く娘様に言って聞かせる必要があります。

本当に根気のいることですが、娘様自身が気づき、変わろう!という気持ちが芽生えない限りは変われません。

守護霊の視点を持ち、根気強く何度でも、娘様に伝え続けてください。そしてできた時は、当たり前のことであっても「よくできたね!それていいんだよ」と褒めてあげてください。

今は反抗期の時期ですし、なかなか親の言うことを聞かないと思いますが、根気強く言い続けることで、娘様は正されていきます。

ちゃんと言い聞かせていれば、大学生になる前にはかなり改善されていると思います。

すぐに娘様を正す方法はありません。しかし、数年後には自覚をして、ちゃんとできるようになると思います。

強制すれば反抗する、放っておけば非行に走る。根気強く気づきを与えることで、自覚が生まれ正されていきます。

守護霊の視点、大きな愛で見守ることは大変なことですが、乗り越えられない試練は与えられませんので、お母様ならできます。

どうか根気強く、見守ってあげてください。

子育ての悩み、ルーズな子供にどう接していくべきか?・ご感想

娘の件、この子の性格、持って生まれたものだと聞いてちょっと安心しました。
私も、子どもの頃、とても我が儘で、親・家族はかなり手を焼いていたと思います。
でも、幸せなことに、こんな我が儘な私でも見捨てられることなく、「ちびまる子ちゃん」や「サザエさん」のような暖かい家庭で愛情を感じながら育つことができ
ました。その結果、道を外すことなく今までやってこれました。

親に手を焼かせた分、今、親の苦労が自分に戻ってきているのかもしれませんね。娘の行動にイライラさせられることも多いですが、ストレスをためないよう優しさ・
見守り・叱咤を使い分けて、娘と共に成長していくつもりで根気よく付き合っていこうと思います。ありがとうございました。

以上のご感想を頂きました。

子育ては本当に根気のいる作業だと思います。しかし、そこに互いの学びがあるから親子になったのです。

愛を持ち、さじを投げずに守護霊の視点を持つことで、いつか必ず通じる日がくると思います。

それまで大変ですが、それも人生の修行として捉えて頂ければと思います。