部屋の模様替えで気を変える3つのポイント。スピリチュアルの見解 | スピリチュアル専門サイト

部屋の模様替えで気を変える3つのポイント。スピリチュアルの見解

【門次郎のスピリチュアルブログ】

部屋の模様替え

部屋の模様替えは好きですか?

部屋の模様替えを良くするという方、一度置いた家具を動かすのは面倒だから模様替えなんて一切しないという方もおられると思います。

一切しないという方でも、運気アップをするために、たまには模様替えをするのも良いかもしれません。

人には必ず低迷期がありますが、スランプに陥った時は、無理をすると事を荒立てることにもなりかねません。そんな時は、時が過ぎるのをおとなしく待つことも得策ですが、部屋の模様替えをして気を一掃するのも良いかもしれません。

スランプから抜け出すためにも、部屋の模様替えをしてみましょう。

部屋の模様替えのポイント

1.部屋の色を変える

色にはエネルギーがあります。気分を一変するためにも色の力を借りると良いでしょう。

部屋の雰囲気を変えるために、壁紙を張り替えるのはたいそうな事ですが、カーテンやじゅうたんやソファーなどでしたら工事不要で簡単に変えられます。

部屋の彩りを大きく担っている家具類は、色を変えるだけで随分と違った雰囲気になります。

雰囲気を変えることで、これまで蓄積された不穏なエネルギーを一掃し、悶々とした気持ちを切り替えるのに役立ちます。

「気持ちを入れ替えて頑張るぞ」という前向きな気持ちを芽生えさせてくれると思います。

2.家具の配置を見直す

使い勝手や部屋を広く使うための配置替えなど、生活がしやすい環境を整えることも大切なことです。生活しにくい環境では居心地の良い空間とは言えません。

それとは別に家具の配置をする時、気にしなければいけないのは窓の位置を考えた配置です。

部屋の気を良くするという意味では、太陽の光、陽の光の差し方や、風通しを考えなければなりません。

陽の光をさえぎり、風通しを悪るくするような家具の配置にしてしまうと、そこには悪い気が溜まりやすくなります。陽の光の浄化作用を活用し、風の流れで悪い気を部屋から出すためには、陽の光を取り入れ、風通しも考えた配置にしなければなりません。

明るい部屋で、窓を開ければ換気ができるような家具の配置が理想的です。

3.枕の向きを考える

ベッドの向きを気にしていますか?

私はベッドではなく布団ですから、簡単に枕の向きを変えることができます。

しかし、ベッドは一度セットをしてしまうと、動かすのも億劫です。

そこで、部屋を模様替えするときは枕の向きも考慮すると良いと思います。

スピリチュアルでは、活力が出ない時には枕を南向きにして寝ると良いと言われています。

また、ボーっとしてのぼせ気味で考えがまとまらない時は、北枕にすると良いと言われています。

今の自分に必要なのはどっちだろうと考えて、枕の向きを決めるのも悪くありません。

模様替えをしたくなるのは何かの前触れ

部屋の模様替えをしたくなる時は、運命の流れが変わる前触れとも言われております。

例えば、新たな恋愛が始まる、新たな仕事が決まるといった転機が訪れるなど。

又、何かしらの良いことが待ち受けていることを、魂が察して意気込んでいるとも言われております。

ですので、模様替えをしたくなった時は、その気持ちに逆らうのではなく、少々億劫てあっても、時間を作って思い切って変えてみることをオススメします。

きっと模様替えすることで良い気を取り込み、運気の流れを変えようとしているのだと思います。

その転機の流れがきた時、直ぐ運の波に乗れるように、模様替えをする事が準備にも繋がります。

こんな忙しい時に模様替えをしたくなるなんてーと言うタイミングかもしれませんが、模様替えをしたくなったのならそんな時でも時間をつくった方が良いかもしれません。

模様替えをする時は、いくつかのポイントを気にしながら、良い気を取り入れられるようにしてください。