結婚に焦り重くなっていませんか?スピリチュアルを学び軽くする | スピリチュアル専門サイト

結婚に焦り重くなっていませんか?スピリチュアルを学び軽くする

【門次郎のスピリチュアルブログ】

結婚に焦り重くなっていませんか?

「結婚したい!」「早く結婚しないと子供が産めない!」と焦っている方もおられると思います。

結婚したいと言ってるだけで何も行動しなければ、なかなか結婚にたどり着くのは難しいかもしれませんが、結婚するために努力をしているのに結婚相手がみつからないという方もおられると思います。

婚活サイト、結婚相談所、お見合い、知人からの紹介、活動範囲を広げて人との出会いをつくることはできるのに決まらない…なんとも歯がゆいことです。

向こうが「OK」でもこちらが「NO」だったり、こちらが「OK」でも向こうが「NO」だったりあると思いますが、なぜかいつもフラれるという方は自分では気づいていない原因があるかもしれません。

結婚に向けて努力をしていた人が諦めて、生涯独身でいくしかないと心に決めたら、なぜか自然と男性が言い寄ってきて、結婚が決まってしまうということも中にはあります。

「え?婚活しない方がいいの?」と言いたくなるところですが、それは婚活することが悪かったのではなく、結婚に対する想いが強すぎたのかもしれません。

依存心が強すぎると相手には重いということもあります。

依存心が強すぎると重い

どうして結婚を諦めたら男性が言い寄ってきたのか。これには訳があります。

「結婚しなきゃいけない!」と焦ると、その焦りが必要以上に相手にプレッシャーをかけることがあります。

「私と結婚してくれたらこうですよ」「私はこんなに素敵ですよ」「私と結婚しなきゃ損ですよ」と結婚にかける執念を燃やして目をギラつかせていては、相手のプレッシャーになるかもしれません。

婚活サイトでもお見合いでもいいですが、面と向かった相手から「結婚してして!」光線を浴びせられると「この人良いなぁ」と思った相手でも、求められ過ぎると人は怖くなります。

「私をもらって!私をもらって!」アピールは逆に相手を遠ざけてしまうことになり、結婚に焦るあまりにグイグイ押しては相手が引いてしまいます。

良いものが置いてあれば自然と欲しくなるものですが、押し売りだと良い物でも買いたくなくなるものです。

素敵な女性であったとしても「私をもらって」アピールが強すぎると、敬遠してしまうのではないでしょうか。

中には押しに弱い方もおられるので、そういった方が相手であれば効果があるかもしれませんが、どちからと言えば少数派になると思います。

婚活中はどんなにアタックしてもダメだったのに、結婚を諦めた途端に男性が言い寄ってきたのは、それはあなたが自然体でいたからかもしれません。

これは無欲になったことで起こることですが依存心の強い人は、はたから見れば重く感じるものです。そうすると相手は「いゃ〜ちょっと重いなこの人…」となり去ってしまいます。

一度結婚を諦めることで、依存心が無くなりご縁ができるということもあります。

もしも、何度もチャンスがあったのにモノにできなかったのなら、自己主張が強くなりすぎていなかったか思い返してみてください。

依存心はよろしくない

とにかく何かに依存し過ぎてしまうというのは良くありません。

依存心が良い結果を生むということは少なく、依存していることでチャンスを逃したり、方向転換できずに可能性を潰してしまうこにもなりかねません。

人に対しても、「あの人は以前に助けてあげたのだから少々乱暴なことをしても大丈夫だ」とか「してあげたのだからしてくれて当たり前」とか、依存心は見返りを求めない愛を学ぶための妨げにもなります。

他者に依存して期待をして裏切られたら腹が立ちますが、始めから依存せずに淡々と生きていくことが大切です。依存心を手放すことは、人生を好転させることにも繋がるでしょう。