葬儀(葬式)をする一般的な意味とスピリチュアル的な意味 | スピリチュアル専門サイト

葬儀(葬式)をする一般的な意味とスピリチュアル的な意味

【門次郎のスピリチュアルブログ】

葬儀(葬式)をする一般的な意味とスピリチュアル的な意味

葬儀(そうぎ)葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制のことです。

人が亡くなると、葬儀は当たり前のように行なわれますが、なぜ葬儀をするのだろか?と疑問に思われたことはないでしょうか。

なぜ葬儀をするのか、その一般的な意味とスピリチュアル的な意味の2つをお話しさせて頂きたいと思います。

葬儀をする一般的な意味

葬儀には一般的に以下のような意味が考えられます。

[社会的な意味]
葬儀は社会に対して故人の死を知らせる役割があります。親族が集まりその死を確認します。死亡届を出し亡くなったことを知らせる手続きや、亡くなったことにともない相続などの処理も必要になります。葬儀=社会に知らせる意味があります。

[ご遺体の処理]
火葬や土葬といった方法でご遺体の処理を行いますが、葬儀において、最も基本的な役割といえるでしょう。

[心理的な意味]
人の死は、遺された人達の心に大きな影響を与えます。葬儀は、受け入れがたい死を葬儀という儀式を通して、受け入れていく過程としても必要なことです。

[宗教的な意味]
宗教によって様々な見解があるようですが、一般的にみても、亡くなった人の魂をこの世からあの世へ送り出す意味があるのではないでしょうか。また、死者の魂をなぐさめる意味の儀式として行うことも広くみられているようです。

葬儀をする一般的な意味としていくつかあげさせて頂きましたが、葬儀をスピリチュアルの視点から見るとどのような意味があるのか以下にお話しさせて頂きます。

葬儀をするスピリチュアルの意味

人の死は、時として突然訪れることがあります。突然訪れた死を信じることができないこともあります。

このような気持ちは、遺された人達だけに言えるのではなく、亡くなった人達にも言えることです。

そんな時に、葬儀という形があることで死を実感することができます。

亡くなった人も、亡くなったことを実感しなければなりません。

生前「あの世などない、死んだら無になる」と信じきっていた人は、自分が亡くなったことを受け入れることができずに、混乱してしまうことがあります。

死を受け入れることができなければ、あの世に旅立つこともできません。そのため、この世を彷徨う未成仏霊になりかねないのです。

死を受け入れることができずに、この世とあの世の狭間を彷徨っている霊が、憑依霊となることもあります。

そんなこんなで時間をかけながら、いずれはあの世へ旅立つのですが、できることならすんなりとあの世へ旅立ったほうが、良いことに違いありません。

死を受け入れ、すんなりとあの世へ旅立つためにも、葬儀が必要となります。

スピリチュアルの視点での葬儀は「あなたは亡くなりましたよ」と故人に教えてあげる儀式でもあります。

亡くなった人は自分の葬儀に立ち会います。

そのため、悲しみに暮れるだけではなく、想いを伝えてあげると良いでしょう。

心の中で話しかければ、その想いが想念となって亡くなった人に届きます。

これまでのお礼や、労いの言葉など、亡くなった人の心を温かくするような言葉を話しかけると良いのではないでしょうか。きっと亡くなった人を笑顔にするでしょう。

スピリチュアルの視点で、葬儀は死を自覚させあの世へ導いてあげる儀式の意味があります。

葬儀のちょっとした疑問

[遺影はどうしたらいい?]
遺影はできれば生前から決めておくと良いですが、用意されていない場合は、亡くなった人が一番輝いていた頃と思われるものにすると良いです。

[戒名は重要なの?]
スピリチュアルでは、戒名の良し悪しは霊界では関係ないとされています。そのため戒名ではなくそのままの名前でも問題がありません。その理由として亡くなった人は戒名を知りませんので、戒名で呼びかけても本人には届かなからです。ですので戒名を本命と別にするなら生前に決めておいたほうが良いと思います。

[死後の世界にも宗教があるのか?]
死後の世界には宗教は存在しません。そのため、宗教的な違いは死後の世界に関係ないのです。

[死に装束に意味があるの?]
死に装束とは、亡くなった人に着せる白装束のことです。死に装束を着せる意味は「欲のない清らかな心でまっすぐに浄化してほしい」という意味が込められているそうです。

以上、葬儀をする意味などを書かせて頂きました。亡くなった人が迷うことなく旅立てるように、想いを込めて葬儀をすることが大切だと思います。