厄年にお祓いをしないと災いが降りかかる?注意すべき厄年の意味とは | スピリチュアル専門サイト

厄年にお祓いをしないと災いが降りかかる?注意すべき厄年の意味とは

【門次郎のスピリチュアルブログ】

厄年とは

厄年(やくどし)とは、日本などで災が多く降りかかるとされている年齢のことです。

厄年は災いにあいやすく、忌み慎むべきものとされる年齢で、平安時代の陰陽道が起源とされていますが、明確な起源はわかっていないそうです。

「厄年だから気をつけなければいけない」というのは、多くの方が聞いたことがあるのではないでしょうか。

厄年は、災いが降りかかる年齢で、事故や病気、怪我、失恋や離婚、仕事がうまくいかないなど…

何かにつけて悪いことが起きると「厄年だから…」と厄年のせいにしてしまうほど、厄年とは災いが降りかかる年齢だと広く認識されています。

そこでスピリチュアルでは、厄年をどのように認識されているのかお話しさせて頂きます。

スピリチュアルの視点での厄年は、陰陽道とは違った見解になります。

その前に「厄年って何歳?」という方のために簡単に説明させて頂きます。

厄年には前厄、本厄、後厄があり、男女それぞれ年齢が違います。

中でも「大厄」とされる年齢は一番気をつけなればならない年齢とされています。男性が42歳、女性が33歳です。

厄年早見表で、厄年とは何歳なのか見て頂ければと思います。

厄年早見表

*厄年の数え方
厄年は満年齢ではなく、数え年で数えてください。数え年とは、生まれた年を一歳として数えていく年齢のことです。

男性
前厄 本厄 後厄
24歳 25歳 26歳
41歳 42歳(大厄) 43歳
60歳 61歳 62歳
女性
前厄 本厄 後厄
18歳 19歳 20歳
32歳 33歳(大厄) 34歳
36歳 37歳 38歳
60歳 61歳 62歳

厄年のスピリチュアルの見解

厄年についてスピリチュアルの見解も、陰陽道と同じく、災いをもたらす年とされていると思われるかもしれません。

しかし、スピリチュアルでは陰陽道とは違い、厄年に災いが降りかかるわけではなく、健康に注意すべき年とされており、お祓いをしてもらう必要はないとされています。

お祓いをしないと災いが降りかかるといった、厄だからという意味合いではなく、年齢的に健康に注意をすべき頃が厄年にあたるとされています。

男性が44歳、女性が33歳は大厄とされていますが、大厄にあたる年齢は身体的な変わり目にあたるので、体調を崩しやすい年齢のようです。

そのため大厄は、これまでの積み重ねが招いた健康被害に遭う可能性が高くなるので注意が必要な年齢なのです。

そもそも厄年ができたのは、平安時代とされており当時と現代の人では、身体的な能力の違いや、生活環境も全く違うわけですから、そのままの年齢を当てはめるよりも、厄年の前後が体調を崩しやすいと認識して気をつけたほうが良いと思います。

厄年には体調を崩しやすいので、健康診断を受けて異常がないかチェックしたり、何かしらの異常が出やすい年齢。厄年あたりをめどに健康チェックすることは病気の早期発見にも繋がると思います。

スピリチュアルでは、厄年は健康に気をつける年という見解になります。

そのため、お祓いを受けなれければ災いが降りかかるといったことはなく、災いが降りかからないための厄祓いをする必要はありません。

しいて言うなら、体調を崩しやすい年齢ですから、健康祈願という意味で厄祓いをして頂くと良いかもしれません。

厄年に災いが降りかかるというのは迷信ですので、過剰に恐ることはありません。ただ、車にもメンテナスが必要なように、体にもメンテナスが必要です。そういった意味で、厄年はメンテナスの時期だと思います。

「厄年には健康チェックをする」メンテナス期という認識で良いのではないでしょうか。