パワーストーンブレスレットが切れる意味|無惨な切れ方に驚愕した実話・スピリチュアル

2017/07/01運気アップ・その他

パワーストーンブレスレットが切れる意味について、お話しさせて頂きたいと思います。

 
 
 

パワーストーンブレスレットが切れる意味

以前の私は、パワーストーンブレスレットをしている時期がありました。

その時に、3ヶ月に三本と言う早さでブレスレットが切れたことがあります。

1ヶ月に一本切れるのは早すぎるのではないでしょうか。

そのあたりのことも含め、パワーストーンブレスレットが切れる意味についてお話しさせて頂きたいと思います。

パワーストーンとは

私の体験談をお話しさせて頂く前に、簡単にパワーストーンとはどういった物かを説明させて頂きます。

パワーストーンとは、宝石(貴石・半貴石)の中でも、特殊な力が宿っていると考えられている石のこと。その石を身に付けていると、良い結果がもたらされるとされており、ある種のお守りのような物です。

パワーストーンは、スピリチュアルでもエネルギーのサプリメントとして紹介されており、身につける私達を守ってくれるもとされています。

パワーストーンを持てば、たちまち幸せになれるわけではありませんが、時として力を発揮してくれることもあります。頼りすぎはいけませんが、サプリメントとして考える程度が程よいと思います。

パワーストーンブレスレットが切れる意味

パワーストーンブレスレットが切れる意味については諸説あるかもしれませんが、一般的に多く言われていることをご紹介します。

パワーストーンブレスレットが切れたり、ストーンが割れてしまったら不吉に思うかもしれません。

しかし、パワーストーンが壊れてしまったのは「ストーンがあなたの身代わりとなり、あなたを守ってくれた」とされています。

壊れてしまったら、不気味に思い恐怖心が湧いてくるかもしれませんが、そういったネガティヴな想いを持つことはありません。

せっかく何らかのトラブルから守ってくれたのに、ネガティヴな想いを持つことで、新たなネガティヴを引き寄せてしまいます。

パワーストーンブレスレットが切れたり、割れたりした時は純粋に「守ってくれてありがとう」この気持ちだけで十分です。雑念はいりません。
「しっかり守ってくれていたんだな、ありがとう」と思って頂けれ良いと思います。

しかし、私のように短期間で次々に壊れてしまうのは、持っている人に問題がある可能性があるので、自身をかえりみたほうが良いかもしれません。

続いては、パワーストーンブレスレットが3ヶ月に三本切れた私の話をさせて頂きます。

パワーストーンブレスレットの無惨な姿に驚愕した実話

私の人生には、最悪の低迷期がありました。

その時ちょうど、空前のスピリチュアルブームで世間を騒がせていたのが、パワーストーンでした。

私は何とか低迷期から這い上がろうと、流行りのパワーストーンブレスレットを身につけるようになりました。

今はどうか知りませんが、当時のブレスレットはゴム製の物と、金属製ワイヤーの二種類がありました。

私は始め、ゴム製の物を愛用していたのですが、1ヶ月程でゴムが切れてしまいました。

「ゴム製なので切れることもあるだろ」と、再度ゴム製のブレスレットを身につけましたが、また1ヶ月程で切れてしまいました。

私は「ゴム製だから切れるんだ」と言い聞かせ、次は金属製ワイヤーのブレスレットを身につけたのです。

さすがに金属製ワイヤーでできているブレスレットは、簡単には切れないと思っていたのですが、それも1ヶ月程で切れてしまったのです…

「早い、早すぎる…」

切れる早さに驚く以上に、もっと驚いたのは、切れたワイヤーの無惨な姿でした。

ワイヤーは、高圧電流でも流したかのように、至る所が焦げており、また至る所が枝毛のように避けていたのです。

一体、どんな力が加わったら、このような切れ方をするのか、感電した記憶もないので不思議でした。

このような切れ方をすることが、通常ではあり得ることなのか気になったので、購入したお店に見せに行きました。

店員さんに無惨なワイヤーを見せると、一言…

「こんな切れ方見たことがありません…怖いです…鳥肌が立ちました…いったい何があったのですか?」

と聞かれ、店員さんがドン引きしてしまいました。

私はそれ以来、パワーストーンを持つのをやめました。

パワーストーンは身代わりになってくれると言いますが、いったいどれほど大きな力の身代わりになってくれたのでしょう…

以前の私のように、次から次へとパワーストーンが壊れてしまう場合は、パワーストーンでは対応しきれないような問題が次々に降りかかっているからだと思います。

その場合、パワーストーンではなく、現実的な対応をしなければ問題解決には至らないと思います。

現に私も腹をくくり、現実的な対応をすることで、最終的には難を逃れることができました。

パワーストーンが事の重大さを教えてくれていたのかもしれません。

パワーストーンはあくまでもサプリメント、人生を切り開くのは自分自身だと心して、パワーストーンを愛用しましょう。