亡くなった人の夢の意味・夢と霊界・睡眠とスピリチュアル

2017/10/07悩み相談

夢と霊界は繋がっていると言われており、特にリアルな夢は霊界からのメッセージの場合があります。

霊界からのメッセージというのは、答えそのものではなく、ヒントとして比喩表現の場合が多く、すぐに意味を理解することが難しいですが、夢を覚えていればのちのちメッセージの意味がわかることもあります。

この記事では、夢と霊界の関係やスピリチュアルの視点での睡眠についてお話をさせて頂きます。

 ~このページの目次〜
 
 
 

亡くなった人の夢の意味

亡くなった人が夢に出てきた経験がある方は、大勢おられるのではないでしょうか。

亡くなった人が、泣いていたり、苦しそうな顔をしていたり、笑っていたりと、さまざまなシチュエーションが考えられますが、亡くなった人が夢に出てくることで何かしら感じることもあると思います。

目覚めてからも気になるもので、いつもの夢とは違い、リアルさを感じていたり、強い感情が湧き起こっていたりと、生々しさを感じることもあります。

夢に亡くなった人が出てくるのは、何かしらメッセージの可能性があるのだろうか?ということで、結論から述べさせていただくと「可能性があります」

リアルな夢や、なんらかの強い感情が湧き起こるような印象深い夢というのは、霊界からのメッセージであることがあります。

こうした霊界からのメッセージが含まれている夢のことをスピリチュアルドリームと言います。

私達は忘れているだけで、亡くなった人と夢で会っていると考えられます。

ただ、起きると同時に忘れてしまい、忘れないで起きようと決心しても、起きた途端に忘れていて、悔しい思いをされたこともあるのではないでしょうか。

そのため、夢で亡くなった人と会っていても、大抵は覚えておらず忘れてしまいます。

しかし中には、記憶に残ることもあり、そんな時はこちらに何か伝えたいメッセージがある可能性があります。

そういった夢を見ても言葉は覚えておらず、意味について曖昧なことが多いのもスピリチュアルドリームです。

言葉は分からずとも夢の雰囲気から、亡くなった人が伝えたいメッセージを想像すると良いです。

例えば、私の父は笑って出てくることが多いので、「こっちは楽しくやってるから心配するな」と言いたいのだろうなと感じています。

逆に苦しそうな表情や悲しそうな雰囲気の時は、残された私達を心配しているのかもしれません。または、災いに注意しなさいと言いたいのかもしれません。その人、その時の状況により意味が違ってくると思います。

しかし霊界からのメッセージは、その時に分からないことも多く、何か事が起きてから「あの時の夢はこのことだったのか!」と思うことも少なくありません。

変な夢を見たからといってビクビクすることはありませんが、問題が起きないように注意しておく位の気持ちで良いかと思います。

因みに、亡くなった人の死を受け入れられずにいると、後追いさせないように、夢に出ないようにすると言われています。

どうして夢で会いに来てくれないの…と悲しみに明け暮れている時は、会いに来てくれる時期ではないかもしれません。

私達は、寝ている間に霊界に旅立ちますが、生きている限りはこの世が主体ですから、夢にとらわれすぎないようにしっかりと生きていきたいものです。