魂と肉体を別で考えると見えてくるスピリチュアルなこと | スピリチュアル専門サイト

魂と肉体を別で考えると見えてくるスピリチュアルなこと

【門次郎のスピリチュアルブログ】

魂と肉体は別

スピリチュアルに興味のある方や、あの世を信じている方ならご存知だと思いますが、肉体と魂は別という事。

肉体が滅びても魂が滅びる事はありません。
魂は永遠というのがスピリチュアル的な考えです。

肉体は現世のもの

私達は霊的な存在であり、本来の姿は魂です。

肉体は魂が入る入れ物でしかありません。物やお金と同じで、形ある物はあの世に持って還れません。肉体もあの世には必要ありません。

人間とひとくくりに言っても、人種が違ったり、性別が違ったり、体の特徴も違います。

生まれた国や、性別、体の特徴、それぞれが魂の学びに適したシュチュエーションで生まれてきます。

頭脳明晰、スポーツ万能といった事も、体の特徴の違いで得意不得意があると思います。

特徴が違う肉体も現世だけのもので、過去世や来世では違ったシュチュエーションの自分がいるはずです。

肉体はいつか滅びえ失くなりますが、肉体に宿っている魂は永遠です。肉体が滅んでも魂は滅びません。

人は死ぬと肉体を離れますが、魂は永遠に生き続けています。

魂は生き続ける

魂が抜けると人は人形のように見えますが、亡くなった方を見て、抜け殻だと感じた事はありませんか?

そんな風に見える私は非情なのかもしれませんが、肉体は魂があっこそ生きているもので、魂が抜け出た後は人形のように見えてしまいます。

身近な方が亡くなると、死別の悲しみに暮れ、もう2度と会えないと感じるものですが、生きては会えないけども、私達もいずれあの世に還ります。それまでの別れです。

死別の悲しみ、別れの悲しみはありますが、永遠の別れではありませんので、この世に生きている人は前を向いて歩いていかなければなりません。

"魂は永遠"

亡くなった方に会いたいと自死するような事があれば行く世界が違うので直ぐには再会できません。笑顔で再会する為には残された寿命を全うする事です。

寄り添えなかった事に後悔している方へ

肉親や、大好な人が亡くなれば、残された人には何かしらの後悔の念が生まれるものです。

例えば、遠くに暮らしている肉親が突然亡くなってしまったら…

残された人は、あれもしてあげたかった、これもしてあげたかったと自分ができなかった事を悔います。

例え一緒に住んでいたとしても、もっとこうすれば良かったとか、ああすれば良かったとか、何かしら後悔する事があると思います。

ご相談を受ける中でも、素直にごめんと言えなかった事を後悔していらしたり、「親不孝な子供だったから、亡くなった親は自分の事を恨んでいる」とおっしゃったり「親不孝をして気苦労をかけたから、自分が殺したようなものだ…」とおっしゃる方もおられます。

身近な人の死を目の当たりにした事で、このような後悔の念にかられる方は少なくありません。

そういった方からのご依頼で亡くなった方と交信させて頂いた事もありますが、成仏されていれば生前の事を恨むような事はありません。

成仏された方が皆一応に言うのは、「後悔の念にとらわれずに生きてほしい」という事です。

あの世に還り成仏すると、すべてが明白になる為、生前であれば恨む事であっても、恨む事ではない事が明らかになります。

成仏すると、この世で起きる事すべてが魂の学びの為に起きている事だと知ります。どんなに理不尽な事でも、この世とはそれを経験する為のものだったと分かるので恨む事はありません。むしろ感謝します。

亡くなった方に酷い事をしたと自責の念にかられるのであれば、その教訓を活かしたり、人に伝えていく事に力を注ぐ事がお詫びであり、供養になるのではないでしょうか。

後悔するよりも貴重な経験をさせてくれた事に感謝して、今後に活かしてください。

恋愛や結婚は肉体と魂を別で考える

私達は今、物質社会で生きていますので、人を見るにしても容姿などに目がいきがちですが、肉体と魂は同じではないのです。魂を見る事が幸せな恋愛や結婚をする事に繋がります。

いくら容姿が完璧でも、性格が合わなければ別れてしまいます。芸能人の方を見ておりますと、超イケメンや絶世の美女と結婚をしても別かれるご夫婦が後を絶ちません。幸せな結婚には性格が重要という事を証明してくださっています。

肉体と魂を別で考えるという意味では、恋愛対象が異性の方よりもバイセクシャルの方のほうが魂を主体としている傾向が強いのかもしれません。

バイセクシャルとは
"両性愛の事で、男性と女性いずれの性に対しても性的な魅力を感じる性的指向を持つ人の事です。"

以前にバイセクシャルの女性が、お付き合いしていた男性と別れ、女性同士のお付き合いを始められた頃に「好きになるのに性別は関係ありません。魂を好きになりました。」とおっしゃっておりました。

そういった意味ではバイセクシャルの方は、性別を飛び越えて相手の本質を見ているのだなぁと思います。

性別はこの世のもので、輪廻転生する中で変わります。魂に性別はないので、魂を主体として考えるならバイセクシャルの方がおっしゃった事は理に適っていると思います。

結婚相手を探すなら、魂を見る事、相手の本質を見る事が幸せな結婚へ繋がるのだと思います。

以上、魂と肉体を別で考えると見えてくるものでした。