立場が人を作ることを裏づける恐ろしい実験の話 | スピリチュアル専門サイト

立場が人を作ることを裏づける恐ろしい実験の話

【門次郎のスピリチュアルブログ】

立場が人をつくる実験

『立場が人をつくる』という名言がありますね。

人を指導する立場になった人なら必ず経験することだと思いますが『立場が人をつくる』ということは実際にあるのでしょうか?

私が会社勤めの頃は人様を指導できるほどの能力もなく、人の上に立つということもありませんでしたので『立場が人をつくる』ということがいまいちピンときませんでした。

こんな私が言うのもなんですが、今は『立場が人をつくる』ということは確かにあると思います。この仕事一本にしてからつくづく思うようになりました。

立場が人をつくるという実感

私は現在の仕事一本になるまでは、昼間は一般の仕事をして、夜にご相談の対応をしておりました。二足のわらじを履いていたのですがその頃と現在とでは責任感が違います。(以前も真剣だったのですがそれ以上に今は真剣ということです…)

この仕事一本にしてからは責任感が強くなり鑑定の精度も以前よりも上がったと思います。真剣になった分以前よりも神様のお力添えを頂けるようになりました。立場というのはその人の持っている潜在能力を引き出すことにも繋がるようです。

ここで気をつけなければいけないのは、結果が出たとしても傲慢にならないこと。私もつい調子に乗って傲慢な部分が顔を出そうとしますがいけません。私は傲慢な部分が顔を出すとすぐに堕とされますが、私に限らず傲慢はいつか自分を堕落させますので気をつけましょう。

会社で働いていた頃を思い出すと、役職を与えられた方が一回りもふた回りも大きく成長することがありました。出世した方を思い出してみると、役職を与えられた方は日に日に変わっていくのかわかりました。

もしかしてこれを読んでいる方の中に、自分は能力がないのに役職を与えられてしまった…。と卑下している方はおられませんか?

『立場が人をつくる』という言葉のとおり、立場を与えられたことで成長していきますし、はじめからうまくできなくてもきっとうまくできるようになると思います。

あなたは立場を任されたことで自然と責任感や考え方も変わり成長していくはずです。あなたの能力が認められて任されたのですから自信を持って頑張ってくださいね。

立場が人をつくる実験

立場が人をつくることが本当にあるのか?心理学者のフィリップ・ジンバルドー氏が監獄実験をした記録をWikipediaから引用させて頂きました。興味のある方は読んでみてください。

スタンフォード監獄実験
1971年8月14日から1971年8月20日まで、アメリカ・スタンフォード大学心理学部で、心理学者フィリップ・ジンバルドー (Philip Zimbardo) の指導の下に、刑務所を舞台にして、普通の人が特殊な肩書きや地位を与えられると、その役割に合わせて行動してしまう事を証明しようとした実験が行われた。模型の刑務所(実験監獄)はスタンフォード大学地下実験室を改造したもので、実験期間は2週間の予定だった。

新聞広告などで集めた普通の大学生などの70人から選ばれた被験者21人の内、11人を看守役に、10人を受刑者役にグループ分けし、それぞれの役割を実際の刑務所に近い設備を作って演じさせた。その結果、時間が経つに連れ、看守役の被験者はより看守らしく、受刑者役の被験者はより受刑者らしい行動をとるようになるという事が証明された。

実験への準備
ジンバルドーは囚人達には屈辱感を与え、囚人役をよりリアルに演じてもらう為、パトカーを用いて逮捕し、囚人役を指紋採取し、看守達の前で脱衣させ、シラミ駆除剤を彼らに散布した。背中と胸に黒色でそれぞれのID番号が記された白色の女性用の上っ張り (smock)、もしくはワンピースを下着なしで着用させ、頭には女性用のナイロンストッキングから作ったキャップ帽を被せた。そして歩行時に不快感を与えるため彼らの片足には常時南京錠が付いた金属製の鎖が巻かれた。更にトイレへ行くときは目隠しをさせ、看守役には表情が読まれないようサングラスを着用させたりした。囚人を午前2時に起床させる事もあった。但し、これらの服装や待遇等は、現在ほとんどの国の本物の刑務所では見受けられず、実際の囚人待遇より非人道的であり、囚人待遇の再現性は必ずしも高くはなかった。

実験の経過
次第に、看守役は誰かに指示されるわけでもなく、自ら囚人役に罰則を与え始める。反抗した囚人の主犯格は、独房へ見立てた倉庫へ監禁し、その囚人役のグループにはバケツへ排便するように強制され、耐えかねた囚人役の一人は実験の中止を求めるが、ジンバルドーはリアリティを追求し「仮釈放の審査」を囚人役に受けさせ、そのまま実験は継続された。

精神を錯乱させた囚人役が、1人実験から離脱。さらに、精神的に追い詰められたもう一人の囚人役を、看守役は独房に見立てた倉庫へうつし、他の囚人役にその囚人に対しての非難を強制し、まもなく離脱。

離脱した囚人役が、仲間を連れて襲撃するという情報が入り、一度地下1階の実験室から5階へ移動されるが、実験中の囚人役のただの願望だったと判明。また、実験中に常時着用していた女性用の衣服のせいかは不明だが、実験の日数が経過するにつれ日常行動が徐々に女性らしい行動へ変化した囚人も数人いたという。

実験の中止
ジンバルドーは、実際の監獄でカウンセリングをしている牧師に、監獄実験の囚人役を診てもらい、監獄実験と実際の監獄を比較させた。牧師は、監獄へいれられた囚人の初期症状と全く同じで、実験にしては出来すぎていると非難。

看守役は、囚人役にさらに屈辱感を与えるため、素手でトイレ掃除(実際にはトイレットペーパの切れ端だけ)や靴磨きをさせ、ついには禁止されていた暴力が開始された。

ジンバルドーは、それを止めるどころか実験のリアリティに飲まれ実験を続行するが、牧師がこの危険な状況を家族へ連絡、家族達は弁護士を連れて中止を訴え協議の末、6日間で中止された。しかし看守役は「話が違う」と続行を希望したという。
後のジンバルドーの会見で、自分自身がその状況に飲まれてしまい、危険な状態であると認識できなかったと説明した。ジンバルドーは、実験終了から約10年間、それぞれの被験者をカウンセリングし続け、今は後遺症が残っている者はいない。

実験の結果
権力への服従
強い権力を与えられた人間と力を持たない人間が、狭い空間で常に一緒にいると、次第に理性の歯止めが利かなくなり、暴走してしまう。

非個人化
しかも、元々の性格とは関係なく、役割を与えられただけでそのような状態に陥ってしまう。