人生に無駄な経験などひとつもないというスピリチュアルの意味 | スピリチュアル専門サイト

人生に無駄な経験などひとつもないというスピリチュアルの意味

【門次郎のスピリチュアルブログ】

人生に無駄な経験などひとつもない

この世の幸せと言えば、お金があって、地位や名誉があって、容姿端麗で、健康で、理想の相手と結婚をして…などを指すのではないでしょうか。

この世の幸せと言われていることは、物質的価値観によるもので、スピリチュアルの視点から考える幸せは違うものになります。

スピリチュアルでの幸せとは、辛い出来事である試練も幸せのひとつと言えるのです。

私達がこの世に生まれてきた意味は、たくさんの喜怒哀楽を味わうためです。たくさんの喜怒哀楽を味わうことが、魂の成長に繋がります。

そのため、大きな喜びを味わうためには、挫折も経験しなければなりません。成功が当たり前なら喜びも半減します。挫折があってこそ大きな喜びを得られるので、挫折も人生の中では必要な出来事ということになります。

スピリチュアルでは、「人生に無駄な経験などひとつもない」と言いますが、それは失敗することも決して無駄ではないという意味が含まれています。

人生の中で起きる様々な失敗と挫折も無駄ではない

私達は、人生の中で様々な失敗や挫折を経験します。

別れ、失恋、離婚、受験に失敗、リストラ、倒産、身内の不祥事、罪を犯すなど、人生にはいろいろな失敗と挫折が存在します。

失敗や挫折から感じる悔しさや後悔、やりきれない気持ちが芽生え、それらが心を突き動かした結果、後々大きな学びに繋がります。

そう言った意味でも、失敗や挫折は、本当の意味で失敗ではなく、守護霊様からの愛のムチでもあります。

人生の中で立ちはだかる苦難や試練というのは、経験すべき喜怒哀楽の一つで、その人が向き合わなければならない問題です。要は、守護霊様から出題されたテストのようなものです。

守護霊様が出題するテストに無駄な経験は一つもありません。そして、乗り越えられない無理難題を出題されることもありません。

あなたなら解けるという前提があって守護霊様は出題してきます。

乗り越えられない試練は与えられません。必ずどこかに進むべき道があります。

どんな失敗や挫折をしても、すべては苦難を乗り越えることが魂の成長に繋がるという守護霊様の導きによるもので、人生に無駄な経験は一つもありません。

大失恋や離婚の試練

多くの人が、一度は味わうであろう別れの挫折があります。

私も失恋や離婚を経験したことがあり、それを人生の汚点だと考えていた時期もありました。

別れの原因は様々ですが、相手の浮気が原因であった場合、誰でも「どうしてこんなことになってしまったのだろう…」と落ち込むと思います。

自分が浮気をしたわけではないのに、されてしまった場合は、相手のせいにして終わってしまいがちですが、相手のせいにして終わってはいけません。

浮気をした相手が悪いと責める気持ちはわかりますが、「浮気をされたのは自分にも落ち度があった」と認め、残念だけど仕方がないと立ち上がる人には、新たなチャンスやご褒美が与えられます。

それが新たな恋愛になるか、仕事の成功になるか、時と場合により違うと思いますが、辛い出来事から立ち上がった人は苦難を乗り越えた人です。守護霊様は厳しいだけではなく、苦難を乗り越えた人には必ず何かしらのチャンスやご褒美を与えてくださいます。

だから人生には、無駄な経験などひとつもありません。

守護霊様からのご褒美を頂くために必要なこと

守護霊様からのご褒美を頂くために必要なことは、失敗したことや挫折したことへの依存心や執着心を捨てることから始まります。

答えが出てしまったのなら、それを受け入れて依存心や執着心を捨てなければなりません。

例えば、結婚を前提にお付き合いをしていた「この人しかいない」と思っていた運命の人に別れを告げられてしまった。

別れを告げられてしまい復縁の余地がない場合でも、想い出に囚われてしまい、想いを断ち切れないこともあると思います。

こうした最中に、別れを受け入れることはできないと思います。

しかし、こうした大失恋をした方でも、数年後には「あの時に別れていなかったら、今の人と出会えなかった」とおっしゃっている話は山ほどあります。

数年後には「別れてくれてありがとう」と感謝できることが世の中にはたくさんあります。

恋愛に限らず、リストラに遭いお先真っ暗だった人が、数年後には「あの時、リストラされたおかけで今の仕事に就くことができました」と、暗い過去に感謝をしているケースもたくさんあります。

これらのケースは、気持ちを入れ替えて立ち上がったことにより、守護霊様からご褒美を頂けたケースです。

もしも、過去に執着し立ち上がれないでいると、こういったご褒美を頂くことは困難になってきます。

それはなぜか?

運命の人との別れも、リストラされたことも、挫折を乗り越える課題を持って生まれてきた魂の持ち主だからです。

挫折から立ち上がれば、課題をひとつクリアしたことになります。課題をクリアするとご褒美を頂けます。これが喜怒哀楽を存分に味わうことに繋がります。

どんな失敗や挫折であれ、人生に無駄な経験などひとつもありません。

苦難は守護霊様から与えられたチャンスと捉えれば怖いものなどない

人生における苦難はチャンスでしかありません。苦難のない人生はチャンスのない人生です。苦難をどう乗り越えるかが課題と言えます。

いずれにしても、苦難が立ちはだかったら、投げやりになったり、逃げてはいけません。

現実的にどうすべきなのか?この苦難などんな意味が含まれているのだろうか?と冷静に考える必要があります。

どんな苦難にも必ず意味があり、チャンスに変える何かがあるので、それを見出す想像力を持つことが大切です。

苦難を嘆くのではなく、チャンスに変える気持ちを持つ人を波長で言うなら「高い波長の人」ということになります。

そうすれば、今は辛い別れを経験していたとしても、もっと素敵な相手に巡り合うことができます。

苦難は、守護霊様から与えられたチャンスです。そのことをわかっていれば、苦難を乗り越えた先にある喜びが何なのか?という希望を持つことができます。

人生に無駄な経験などひとつもありません。この事を念頭に、人生の苦難に立ち向かいましょう。