乗り越えられない試練は与えられないとなぜ言える?試練が与えられる意味 | スピリチュアル専門サイト

乗り越えられない試練は与えられないとなぜ言える?試練が与えられる意味

【門次郎のスピリチュアルブログ】

乗り越えられない試練は与えられない

私達には必ず守護霊様やハイヤーセルフといった高次の存在が見守ってくれている存在があります。

この世を生きている人に、守護霊様やハイヤーセルフがいない人など存在しません。

悪い事ばかり起こるから「自分には守護霊様がいない」という方がおりますが、いないわけではありません。

また、「守護霊様が弱いから憑依される」と言う話もありますが、それも違うと思います。

憑依されるのは守護霊様が祓えないからではなく、敢えて祓わないからだと思います。

高次の存在が四六時中見守ってくれているのは確かですが、私達に楽をさせる為に見守っているわけではありません。

穴に落ちて怪我をするのも経験

例えば、歩いた先に穴があったとします。

よそ見ばかりしていたら、穴に気づかず落ちます。

落ちないように、穴を埋めてあげるのが守護霊様の役目ではありません。

守護霊様は穴に落ちて怪我をする事が分かっていても教えないのです。

穴に落ちて怪我をしたら、人は前を向いて歩くようになります。

少々の怪我をさせてでも、人に気づきを与えるのが高次の存在の役目です。

もしも、その穴が死ぬほ深い穴なら落ちる前に浅くしてくれます。

こうやって死なない程度に見守ってくれています。

決して怪我をしないように見守っているのではありません。怪我をさせて気づかせるのも高次の存在の役目です。

ですので悪い事が起こるのも何かを気づかせる為、憑依されやすいのも、憑依される原因に気づかせる為です。

見守られていないから不幸が起こるのではありません。

乗り越えられない試練は与えられない

人生には思いがけない試練が待ち受けています。

その試練とは、あなたの成長に合わせて大きいものや小さいものが与えられますが、絶対に乗り越えられない試練は与えられません。

例えば、何かの負債を抱えてしまったとしても、その負債は乗り越えられる試練のはずです。

テレビを見ているとたまにやっておりますが、天国と地獄を繰り返すようなアップダウンの激しい人生の方もおられます。

何千万円、何億といった信じられないほどの負債を抱え、そのドン底から這い上がり華を咲かせる方もおられます。

私にはそれだけの負債を抱えて乗り越えられる能力がないので、そのような試練は与えられませんが、乗り越えられる力がある人には、とんでもない試練も与えられます。

高次の存在は、その人に見合った試練を与えてきます。その人が乗り越えられない試練を与えてきません。

どんなに窮地に立たされても、あなたにはそれを乗り越える力があります。どんなにピンチでも道は残されているし、乗り越える事ができます。

そして、今どんなにドン底でも乗り越えた先には、人として魂として成長しているので、今よりも逞しい人間へと成長しています。

その成長の為に試練が与えられるのです。

試練は明日への扉

乗り越えられない試練は与えられない。そして試練を乗り越えた先にはご褒美があります。

試練を乗り越えたのに、何の変化もないという事はありません。

試練を乗り越えたら、乗り越える前よりも何か良くなっているはずです。

直ぐに形にならなくても、あの時試練に乗り越えたから今があると思う日が必ず来ます。

逆に与えられた試練から逃げていてはご褒美はありません。そして問題はさらに深刻な方へと進んでいくのです。

与えられた試練は乗り越える為に与えられるもの。与えられた試練に向き合う事が私達の役目。その役目から目を背けば、無理やりにでも向き合うように仕向けられます。

試練を与えられたら、早期対応する事で問題を大きくしない事に繋がる場合が多いのです。

乗り越えられない試練は与えられない仕組みを理解していたら、試練に立ち向かう事が怖くなくなります。

そして、試練を乗り越えた先にはご褒美がある事を知れば、嫌な試練にも立ち向かう勇気が湧いてくるのです。

高次の存在は厳しいですが、それは魂を成長させる為のです。

乗り越えられない試練を与えないように調整してくれています。

試練を乗り越えた先にご褒美を用意してくれます。

解ける問題しか出されませんので、恐る事はありません。

私達が勇気を出して向き合えるかどうかにかかっています。

問題に向き合う限り、本当にピンチになった時は手を差し伸べてくれますので安心してください。

試練に立ち向かう事は、運命を切り開く事になるので勇気を持って立ち向かいましょう。