金運アップ、お金に困らないためのスピリチュアルの見解 | スピリチュアル専門サイト

金運アップ、お金に困らないためのスピリチュアルの見解

【門次郎のスピリチュアルブログ】

金運アップ、お金に困らないための心構え

占いには、様々な金運アップがあります。仕事を通じての金運アップとするなら個人事業主などの方が、直接的な影響があるのではないでしょうか。

サラリーマンなどの会社勤めの方が金運アップをする時は、出世や歩合給アップのために願うのかもしれませんが、個人事業主の方が金運の善し悪しが大きく影響すると思います。

サラリーマンを広い意味で「給料をもらう働き方」と定義すると、全体の88.5%もの人がサラリーマンということになるそうです。

そう言った意味では、大多数の方が会社勤めをされており、金運アップを願う気持ちは仕事面だけではなく、プラスαの想いが込められているのかもしれません。

例えば、金運アップをする理由として、宝くじやギャンブルで儲けるために金運アップをすると言った理由です。

いわゆるあぶく銭となる訳ですが、あぶく銭には負を引き寄せるパワーがあります。

「苦労して儲けた金じゃないんだから、少しは分けて頂戴よ」という低い波長の人を引き寄せたりして、そこで断ろうものなら「小さいヤツだ」と言われ人間関係にヒビも入ります。余計な負を引き寄せるのはあぶく銭。

それと、お金の重みがどうしても軽くなり、無駄金を使うなどお金に対しての感謝の気持ちも薄れてしまいます。そうすると、お金に対しての感覚も麻痺していきますし、普通の生活に戻ることができなくなります。結局、自分自身をダメにしかねません。

金運アップを願うのであれば、やはり働いて得たお金で金運アップを願いたいものです。

お金に困らないための心構え

お金に困らないための心構えとして、肝に命じておかなければならないことがあります。

それは、「自分のために使ったお金は返ってこない、人のために使ったお金は回ってくる」ということです。

わかりやすく言えば、ただのケチではお金は入ってこないと言うことです。

たくさんの人の念がこもっているお金は、ただ単に貯めるばかりでは、よどんだエネルギーが溜まる一方です。

そのため、お金は出すべきところでは出さなけらばなりません。

出すべきところで出し惜しみをしないことで、エナジーバランスが取れると言われています。

もしもケチって出すべきところで出さないと、エナジーバランスが崩れて思わぬ出費が発生するかもしれません。

お金は、生きた金を使ってこそお金が回り、お金に困らない人生をつくることができます。お金は、人との縁を繋ぐために使うことで生きたお金になります。

家庭を持たれている方などは、家計が苦しい時どうされているでしょうか。自分一人で背負ってはいませんか?

家計が苦しい時は特にオープンにして、家計が苦しいことを家族で共感してください。しいては、それが家族一丸となり節約することに繋がります。

金運アップするためのスピリチュアルな方法

最後に、金運アップするためのスピリチュアルで言われている方法をご紹介させて頂きます。

一、念じること

やはり一番は念の力です。念の力はあなどれません。「お金が回りますように」と念強く念じることが大切。

ただ念じるだけではなく、そのために必要な努力は何か?を考えて実行していかなければなりません。念じるだけではなく、現実的な行動は必要不可欠になります。

二、お金の持つエネルギーを使う

次に、これはおまじない的な方法です。

玄関に植木があることが前提の話ですが、玄関の植木の土に500円玉を埋めておくとお金を呼ぶエネルギーになると言われおります。

あと、額があることが前提の話ですが、一万円札を額に入れて、よく目につく場所にかけておくと、浪費を防ぐ戒めになり、浪費を防ぐ効果があると言われております。

ちょっとしたおまじないだと思いますが、植木や額があるご家庭で、試してみるもの面白いかもしれません。