合わない人と合う人の波長の違い・人間関係をよくするコツ

2017/01/08人間関係改善

スピリチュアルでの波長の意味は類は友を呼ぶというものです。

簡単に言えば、
「考え方や性格が違う=波長が合わない」
「考え方や性格が同じ=波長が合う」
ということです。

フィーリングが合うとか合わないとか言いますが、フィーリングが合わない人は波長が合わない、フィーリングが合う人は波長が合うという事になります。

この記事では波長がもたらす人間関係の影響について詳しくお話させて頂きます。

 
 
 

合わない人と合う人の波長の違い・人間関係をよくするコツ

人との出会いには必ず波長が関係しています。

つまり、自分の周りを取り囲んでいる人達は、波長によって引き合った、似た者同士ということになります。

「いやいや、自分の周りには全く違うタイプの人が居ますよ!」

「あの人と似ているなんて嫌だ〜」

などなど言いたい事はあるでしょうが…

一見自分とは全く違うタイプに見えても、相手とあなたに似ている部分があるから引かれ合っています。もしも1〜10まで違うなら引き合いません。

10のうち1でも似ている部分があるのです。少しでも似ている部分があれば引き合う可能性があります。

そして自分の波長と、相手の波長の同じ部分が多ければ多いほど、引き合う力は強くなります。

逆を言えば、自分の波長と、相手の波長の同じ部分を減らしていけば、離れていく可能性が高くなっていきます。

嫌な人と縁を切るには、波長が合わなくなるなように自分の波長をあげると良いのです。

波長が合わなくなれば夫婦も縁が切れる

生涯を共にする夫婦関係を築く為には、波長が合わなければなりません。

もしも、どちらかの波長が高くなったり、低くなったりして、波長の高低差が激しくなれば、波長が合わなくなり、考え方が合わないという事になって、最終的に離れていくようになります。

ある奥様の嘆きで、「もともと、子供達を愛するイクメンパパだったのに、パチンコにハマってからは家庭を顧みない主人になり、別れる事にしました…涙」

この場合、別れる事になったのは、奥様の波長と旦那様の波長が合わなくなったからです。

パチンコにハマる前は、旦那様の波長と奥様の波長が合っていたから夫婦を続けられたのです。

しかし旦那様がパチンコにハマり、マジメな奥様とは波長が合わなくなった為、別れる事になりました。

夫婦関係を続けるには、パチンコをやめて元のイクメンパパに戻るか奥様も旦那様と一緒にパチンコにハマり波長を合わせる必要があります。

上記のように、どちらか一方の波長が大きく変われば、人は離れていきます。

長年夫婦を続けられるのは、波長が共に上がったり下がったりしているから別れないのです。

心が通じ合っていれば夫婦揃って同じ波長を保てます。心が通じ合わなければ、波長が変わり離れていきます。

ですので、一方だけが成長しても夫婦関係は続きません。成長するなら夫婦揃って成長しないと縁が切れてしまいます。

長年夫婦を続ける為には、お互い本音が言える関係理解し合える関係でいる事が大切だと思います。

友達も波長が関係している

自分を取り囲む友達にも波長が関係しています。

友達同士で高め合い共に成長する高い波長でできた関係なら良いですが、後ろ向きになりネガティブな発言が飛び交う関係は感心できません。

互いの傷の舐め合いで癒されるものだとしても、現実を変えることはできないので、最終的に共倒れになります。

そのような低い波長でできた友達関係は、どちらか一方が「このままではいけない!」と立ち上がれば、低い波長の関係はたちまち崩れます。

一方が傷の舐め合いよりも現実を変えるために動き出せば、動き出した人は波長が高くなり、波長が合わなくなるのです。

波長が高くなった友達からすれば、愚痴や不平不満ばかりを言って現実を変えようとしない波長の低い友達のことを煩わしく思うようになります。

一方、変わろうとしない人にとっては、波長が高くなった友達に対して「最近話が合わない…」とか「付き合いが悪い」などと思い、友達としての思いも薄れていきます。

波長が変わるとは、志が変わることなので、こうした考え方の不一致から縁が薄くなっていきます。

仲の良かった友達が、いつの間にか気が合わなくなってしまったというのは波長が変わってしまったからです。

友達にも波長が関係しています。波長の高い友達をつくることで、良い刺激を受けることができます。そのためにはまず自分の波長を高めなければご縁ができません。

自分の波長を高め、波長の高い友達とご縁をつくりましょう。